US発『ハリー・ポッターと死の秘宝』最新予告編が2010年9月22日に登場!『ハリー・ポッター』シリーズの映像化7作目にして、最終章の『ハリー・ポッターと死の秘宝(PART 1)』の最新予告編が、9月22日(現地時間)に掲載されました!


日本では7月に、予告編第1弾が登場しましたが、今回はより物語の核心にせまる映像が含まれてきています。載せたてホヤホヤの予告編はこちら。

『ハリー・ポッターと死の秘宝』予告編

ホグワーツ魔法魔術学校の7年生に進級するはずだったハリー・ポッター。だがアルバス・ダンブルドア校長の遺志を継ぎ、宿敵ヴォルデモート卿を滅ぼす唯一の方法である「分霊箱(ホークラックス)」を破壊するため学校には行かず、親友のロン、ハーマイオニーと共に旅に出た。しかし、旅の途中で仲間割れが起きてしまう。ハリーは、謎の遺言や中途半端なヒントしか残さなかったダンブルドア校長に対し疑念と不信感を強めていくが……。

【関連記事】 『ハリー・ポッターと死の秘宝』前後編共にシリーズ初の全編3D上映決定
【関連記事】 『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』 来日会見
【関連記事】 “ハリポタ”のロンことルパート・グリントが、エマ・ファンの嫉妬を牽制?!


原題=Harry Potter and the Deathly Hallows
日本公開=2010年11月19日(PART 1)
配給=ワーナー・ブラザース映画
公式サイト=
http://deathly-hallows.jp/
c2010 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. HARRY POTTER PUBLISHING RIGHTS c J.K.R.
HARRY POTTER CHARACTERS, NAMES AND RELATED INDICIA ARE TRADEMARKS OF AND c WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED


【おまけ】
7月にリリースされた日本版の予告編と比べてみて。

映画『ハリー・ポッターと死の秘宝』予告編



【原作はこちら】
「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)
著者:J. K. ローリング
静山社(2008-07-23)
おすすめ度:4.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


――最新の「先取り話題作」はこちらから

――南樹里の“映画評(シネマ)マニエラ”はこちらから