キャサリン・ハイグルとジョシュ・デュアメル共演のロマコメ『かぞくはじめました』が待ち遠しい米国ではコロンブス・デーの祝日のため、日本と同じ連休となりました。首位は引き続き『ソーシャル・ネットワーク』。同作を日本最速で鑑賞するには、10月23日開幕の東京国際映画祭を狙ってください。
今週、初登場でランキング入りを果たしたのは、キャサリン・ハイグルとジョシュ・デュアメル共演のロマコメ、アメリカ合衆国を代表する競走馬ビッグ・レッドことセクレタリアトを描く感動ドラマ、『スクリーム』シリーズ監督の新作ホラーの3作品。

1.『ソーシャル・ネットワーク』
[The Social Network] (Sony) 公開2週目 [2,771 館]

『ソーシャル・ネットワーク』の内容は、(10/3全米興行トップ10)にて

日本公開=2011年1月15日
配給=ソニーピクチャーズ
公式サイト=
http://www.socialnetwork-movie.jp/

※10月23日開幕の東京国際映画祭オープニング作品




2.『かぞくはじめました』
[Life As We Know It] (Warner Bros)  初登場/NEW  [3,150 館]

『ライフ・アズ・ウィ・ノウ・イット』予告編


一度はデートしたものの性格の不一致で犬猿の仲にある独身の男女。互いの親友である夫婦が1歳の娘を残し夭逝し、後見人に任命されていたことから、奇妙な共同生活が始まるが……。
監督はドラマ「ドーソンズ・クリーク」を立て直した実績を持つ脚本家でプロデューサーのグレッグ・バーランティ。長編作品は『ブロークン・ハーツ・クラブ』に続き2作目。主演は『キス&キル』キャサリン・ハイグルと『トランスフォーマー』シリーズのジョシュ・デュアメル(※歌姫ファーギーの夫)。


日本公開=2011年春
配給=ワーナー・ブラザース映画
公式サイト=
(C)2009 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.



3.『セクレタリアト(原題)』
[Secretariat] (Disney)  初登場/NEW   [3,072 館]


『セクレタリアト』予告編

1973年のアメリカ三冠を初めとした数多くの大記録を打ちたて、馬でありながら20世紀のトップアスリートの上位にもランクされたセクレタリアトを馬主の女性を通して描いた実話を基に映像化。競走馬を題材にした映画『シービスケット』よりも感動的でオスカーも狙えそうだと評判は上々。出演はダイアン・レイン、ジョン・マルコヴィッチら。監督は『仮面の男』のランダル・ウォレス。




4. 『ガフールの伝説』
[Legend Of The Guardians: The Owls] (Warner Bros) 公開3週目 [3,225 館]

『ガフールの伝説』の内容は、(9/26全米興行トップ10)にて

日本公開=2010年10月1日
配給=ワーナー・ブラザース映画
公式サイト=
http://www.gahoole.jp/
c2010 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED.



5.『マイ・ソウル・トゥ・テイク(原題)』
My Soul To Take (Rogue Pictures/Universal)  初登場/NEW  [2,572 館]

『マイ・ソウル・トゥ・テイク』予告編


『エルム街の悪夢』、『スクリーム』のウェス・クレイヴン監督・脚本のホラー映画。
連続殺人鬼の父の犯罪を知らずに育った少年は、悪夢に悩まされていた。その街には、伝説――連続殺人鬼の命日に誕生した7人の子供を殺しに殺人鬼が甦る――があった。



6. 『ザ・タウン』
[The Town] (Warner Bros) 公開4週目 [2,720 館]

『ザ・タウン』の内容は、(9/19全米興行トップ10)にて

日本公開=2011年月日
配給=ワーナー・ブラザース映画
公式サイト=
c2010 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND



7. 『ウォール・ストリート』
[Wall Street: Money Never Sleeps] (Fox)公開3週目 [2,829 館]

『ウォール・ストリート』の内容は、(9/26全米興行トップ10)にて

日本公開=2011年1月28日
配給=20世紀フォックス
公式サイト=http://movies.foxjapan.com/wallstreet/
c2010 TWENTIETH CENTURY FOX



8. 『イージー・A(原題)』
[Easy A] (Screen Gems/Sony) 公開4週目 [2,847 館]

『イージー・A』の内容は、(9/19全米興行トップ10)にて




9. 『ケース39』
Case 39 (Paramount Vantage) 公開2週目  [2,212 館]

『ケース39』の内容は、(10/3全米興行トップ10)にて

 

10. 『ユー・アゲイン(原題)』
[You Again] (Disney) 公開3週目 [2,332 館]

『ユー・アゲイン』の内容は、(9/26全米興行トップ10)にて



※数字は( http://boxofficemojo.com/ )より


――最新の「先取り話題作」はこちらから

――南樹里の“映画評(シネマ)マニエラ”はこちらから