有終の美を飾った『ソウ ザ・ファイナル 3D』c2010 Lions Gate Films Inc.All Rights Reserved.聖聖人の祝日の前夜祭=ハロウィーン週末は、恒例のソリッドシチュエーションスリラーの最終章が初登場で首位になりました。公開3週目にしてランクインを果たしたのは、ヒラリー・スワンクが主演した実話ベースの感動作です。

1. 『ソウ ザ・ファイナル 3D』
[Saw VII 3D] (Lionsgate) 初登場/NEW [2,808 館]

ジグソウのゲームの生き残りたちは救済を求め、“精神的指導者”であり、自身もジグソウのゲームからの生存者であるボビー・デイガンのもとに集う。だが、ボビー自身の暗い過去が明かされるにつれ、新たな恐怖が襲いかかる! 一方、ホフマンとジルは、ジグソウの遺品を巡って争っていた。


【関連記事】動画5分でわかる!映画『ソウ/SAW』シリーズIからVI総集編

日本公開=2010年10月30日
配給=アスミック・エース エンタテインメント 
公式サイト=http://saw3d.asmik-ace.co.jp/
公式Twitter  (ハッシュタグ #SAW3D1030 )
©2010 Lions Gate Films Inc.All Rights Reserved.



2. 『パラノーマル・アクティビティ2』
[Paranormal Activity 2] (Paramount) 公開2週目[3,239 館]

『パラノーマル・アクティビティ2』の内容は、(10/24全米興行トップ10)にて

日本公開=2011年2月11日
配給=パラマウント ピクチャーズ ジャパン
公式サイト=
© 2010 by PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved.


3.『RED/レッド』
[Red] (Summit) 公開4週目 [3,349 館]

『RED/レッド』の内容は、(10/17全米興行トップ10)にて


【関連記事】 『RED/レッド』プレミア

日本公開=2011年1月29日
配給=ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
公式サイト=
©2010 Summit Entertainment, LLC. All Right Reserved.



4.『ジャッカス3D(原題)』
[Jackass 3D] (Paramount) 公開3週目  [3,139 館]

『ジャッカス3D』の内容は、(10/17全米興行トップ10)にて

日本公開=2011年
配給=パラマウント ピクチャーズ ジャパン
公式サイト=



5.『ヒア アフター』
Hereafter (Warner Bros) 公開3週目  [2,424 館]

※ 『ヒア アフター』の内容は、(10/24全米興行トップ10)にて

日本公開=2011年2月19日
配給=ワーナー・ブラザース映画
公式サイト=
©



6. 『セクレタリアト(原題)』
[Secretariat] (Disney)  公開4週目   [3,108 館]

『セクレタリアト』の内容は、(10/10全米興行トップ10)にて



7.『ソーシャル・ネットワーク』
[The Social Network] (Sony) 公開5週目 [2,767 館]

『ソーシャル・ネットワーク』の内容は、(10/3全米興行トップ10)にて

日本公開=2011年1月15日
配給=ソニー・ピクチャーズ
公式サイト=http://www.socialnetwork-movie.jp/

 

8.『かぞくはじめました』
[Life As We Know It] (Warner Bros)  公開4週目  [2,860 館]

『かぞくはじめました』の内容は、(10/10全米興行トップ10)にて

日本公開=2011年春
配給=ワーナー・ブラザース映画
公式サイト=
(C)2009 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.




9. 『ザ・タウン』
[The Town] (Warner Bros) 公開7週目 [1,608 館]

『ザ・タウン』の内容は、(9/19全米興行トップ10)にて


日本公開=2011年2月日
配給=ワーナー・ブラザース映画
公式サイト=
©2010 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND




10. 『コンヴィクション(原題)』
Conviction (FoxSearchlight) 公開3週目  [565 館]

『コンヴィクション(原題)』予告編


実話を基にした家族愛ドラマ。ベティ・アン・ウォーターズはシングルマザーで2児を育てた。それだけならごく普通の話だが。彼女は殺人罪で服役中の実弟・ケニーを救うために、弁護士となる。そして弟の無実を立証することに18年を費やす。


※数字は( http://boxofficemojo.com/ )より


――最新の「先取り話題作」はこちらから

――南樹里の“映画評(シネマ)マニエラ”はこちらから