こんなに可憐なのに、両手でナイフアクションが出来るんですって。風邪っぴきで高熱出して寝込んでいる間に、クロエ・グレース・モレッツ[Chloe Grace Moretz]ちゃんが初来日を果たしていました。ということで、オフィシャル素材でお届け。

このクロエ・グレース・モレッツちゃんが、どんな子かと言うと。1997年2月7日生まれの13歳。全米でNo.1ヒットスタートし、日本公開を熱望するファンの声援を受け、日本公開が12月18日に決定した、映画『キック・アス』では美少女ヒーロー“ヒット・ガール”を演じています。しかも、現在はマーティン・スコセッシ監督の新作『ユゴーの不思議な発明』の撮影中だとか。

記者会見で、初来日&日本の印象を問われたクロエちゃんは、「今回、初めて日本に来たのですが、“美しい”という印象です。私が泊まっているホテルは、アメリカでいうとタイムズスクエアのど真ん中にあるホテルというイメージだと思いますが、とにかく圧倒されますね。美しくてアメージング!」とコメント。

ニコラス・ケイジとも共演した、映画『キック・アス』について。
「ニコラスはとても優しくて、すぐに絆ができました。俳優の心得などを教えるという感じではなかったので、私も彼の姿を見て学ぶようにしました。アクション満載の作品でしたが、その他にも11歳(撮影時)の女の子では行けないようなところにも行けたり、色々な経験ができました。アクション体験は新鮮でした! 7か月に渡ってトレーニングしています。最初はトロントのサーカスで、そのあとにジャッキー・チェンのスタントチームと一緒にトレーニングをしました。もちろん武術のトレーニングもしました。実は、ナイフアクションは両手で出来るのですが、それはやり過ぎ、ということで劇中では披露しなかったです(笑)。でも、披露すると皆に『すごい!』と感心されます」

好きな女優や作品についても臆せずハキハキと語ります。
「『Mr. & Mrs. スミス』は大好きです。それから『キック・アス』の撮影に入る前に、参考に『キル・ビル』を観たのですが、あの作品も素晴らしいと思います。また、ナタリー・ポートマンは私にとってのアイドルで、ものすごく才能がある女優さんだと思います。『レオン』のマチルダとヒット・ガールには共通点があると思いますし、お互いに小さい時から活動しているので、ナタリーと私は重なるところがあると思います。そして、ヒット・ガールを演じるにあたっては、アンジェリーナ・ジョリーに一番影響を受けたんです」 

今後、演じてみたい役を問われると。
「「ロミオとジュリエット」のジュリエットは、ジュリエットと同じ年齢の14歳で演じた人がいないので、来年14歳になった時に挑戦してみたいです。それから『風と共に去りぬ』が大好きなので、スカーレット・オハラをいつか演じてみたいです」

映画『キック・アス』予告編


映画『キック・アス』ストーリー
NYに住むオタクな高校生デイブ(アーロン・ジョンソン)は、ネットが購入したヒーローコスチュームで独自の活動を開始。何の特殊能力も持たない彼は、初出動のときにあっさり犯罪者にやられるが、その捨て身の活動がネットで話題になり“キック・アス”の名で一躍有名に。やがて高度な訓練を受けた美少女ヒーロー“ヒット・ガール”(クロエ・グレース・モレッツ)とその父“ビッグ・ダディ”(ニコラス・ケイジ)も仲間入りし、犯罪組織に立ち向かう!

【関連記事】
全米トップ10/4月25日

クロエ・グレース・モレッツ主演作『HICK-ルリ13歳の旅』11月24日公開決定!

原題=KICK-ASS
日本公開=2010年12月18日
配給=カルチュア・パブリッシャーズ
公式サイト=http://kick-ass.jp/
cKA Films LP. All Rights Reserved.


――最新の「会見/イベントレポート」はこちらから

――南樹里の“映画評(シネマ)マニエラ”はこちらから