04591d25.jpg
月一オススメ映画は、諸事情により、10月から【前半】【後半】でお届けしております。

今月は、厳選10作品!


11月13日公開

『ふたたび swing me again』
http://futatabi.gaga.ne.jp/
50年ぶりに仲間と再会するための旅に出た元ジャズ・トランぺッターと孫のロード・ムービー。鈴木亮平の自然体な演技がいいです。故人と聞かされてきた、祖父が帰宅する(ってホラーじゃありません)、その理不尽な背景を踏まえつつ、心にじわじわを沁み入る秀作ドラマです。

『ラスト・ソルジャー』 
http://www.lastsoldier.jp/index.html
ジャッキー・チェンが構想に20年を費やし、原案、主演、製作、武術指導を務めたエンタメ色の強い武道映画。歌手で俳優のワン・リーホンが『ラスト、コーション』に続き、魅せてくれます! 最近のジャッキー映画の中ではダントツの面白さ。中国最大のヒットも納得です。
c2010 JACKIE & JJ PRODUCTIONS LTD


11月19日公開

『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』
http://www.deathly-hallows.jp/
2部作になったことで、これまでのアップテンポは返上! 非常に解りやすい構成になっています。なんとハリーと○○○○○○とのキスシーンがあったり、ロンの太ももが超ワイルドになっていたり。本筋とは異なる場面で成長を感じることも。次回で最後かと思うとちと寂しいのですが。

【関連記事】 『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』来日会見


11月20日公開

『ゲゲゲの女房』
http://www.gegege-eiga.com/
流行語にもなった「ゲゲゲの~」映画版『ゲゲゲの女房』。朝ドラ未見のため、へぇの連続となりましたが、アニメパートの挿入のしかたが良かったです。時を限定せず、脈々と時を刻まれる有様が、ゲゲゲの精神性とリンクして好感が持てました。

『黒く濁る村』
http://kurokunigorumura.com/
カン・ウソク監督が『シルミド/SILMIDO』に続きチョン・ジェヨンを起用したサスペンス映画。原題『苔(こけ)』から絶妙な邦題をつけています。かなりのドロドロぶりですが、韓国映画だと、そういった描写に容赦がない――そこが見どころでもあります。本作のノベライズも発売中!



黒く濁る村黒く濁る村
著者:金 鍾一
ACクリエイト(2010-11-20)
販売元:Amazon.co.jp

――最新の「月一オススメ映画」はこちらから

――南樹里の“映画評マニエラ”はこちらから