リーアム・ニーソン主演作『身元不明』(5月7日公開)より。c2011 DARK CASTLE HOLDINGS, LLCオスカーの発表目前!公開13週目を迎えた『英国王のスピーチ』が依然トップ10内をキープ。初登場にして首位を奪ったのは、ベルリンを舞台に繰り広げられるアクションサスペンス大作でした。新作でランクインをしたのは他に2作、特殊能力を持つ高校生が主役のSFアクションと、マーティン・ローレンス主演のクライムコメディの第3弾です。

1. 『アンノウン』『身元不明』
[Unknown] (Dark Castle/Warner Bros)  NEW/初登場 [3,043 館]

『アンノウン』予告編



全編ドイツロケを行ったリーアム・ニーソン主演作、『96時間』に続くアクション・サスペンス大作。監督は『エスター』のジャウム・コレット=セラ。原作はディディエ・ヴァン・コーヴラールの小説『アウト・オブ・マイ・ヘッド/Out of My Head(原題)』。
ドイツのベルリンで自動車事故に遭い、昏睡状態から目覚めたマーティン・ハリス博士(リーアム・ニーソン)は、妻エリザベス(ジャニュアリー・ジョーンズ)が自分のことを忘れ、別の男(エイダン・クイン)が自分の名を語っている事を知る。異国の地でマーティンの身元を証明するものはなにひとつなく、しかも訳もわからないまま何者かに命を狙われる。マーティンはタクシードライバーのジーナ(ダイアン・クルーガー)の助けを得て逃走するが・・・。自分は正気なのか、自分は何者なのか、そしてどこまで真実を知る覚悟があるのか。
#今度はドイツで大暴れ!もしや欧州制覇企画?!

日本公開=2011年5月7日
配給=ワーナー・ブラザース映画
公式サイト=
c2011 DARK CASTLE HOLDINGS, LLC
[追記2011/8/14]邦題変更『身元不明』→『アンノウン』



2.『ノメオ&ジュリエット』(原題)
[Gnomeo & Juliet] 3D (Disney) 公開 2週目 [3,014 館]

『ノメオ&ジュリエット』の内容は、(2/13全米興行トップ10)にて




3. 『アイ・アム・ナンバー4』
[I Am Number Four] (DreamWorks/Touchstone/Disney)  NEW/初登場 [3,154 館]

『アイ・アム・ナンバー4』予告編


特殊能力を持ちながら生活を送る9人、そのうちの4番目の男(=アイ・アム・ナンバー4)を描くSFアクション。
製作総指揮は「トランスフォーマー」シリーズののマイケル・ベイが担当し、監督は『イーグル・アイ』のD・J・カルーソが務めている。原作はSF小説『アイ・アム・ナンバー・フォー』。出演は『アレックス・ライダー』のアレックス・ペティファー、「クレイジーズ」のティモシー・オリファント、『魔法使いの弟子』のテリーサ・パーマー、テレビドラマ「glee/グリー 踊る♪合唱部!?」のダイアナ・アグロンら。
#アレックス(イケメン)の活躍に期待♪

日本公開=2011年初夏
配給=ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
公式サイト=



4. 『ジャスト・ゴー・ウィズ・イット』(原題)
[Just Go With It] (Sony) 公開 2週目 [3,548 館]

『ジャスト・ゴー・ウィズ・イット』の内容は、(2/13全米興行トップ10)にて



5. 『ビッグママーズ:ライク・ファーザー、ライク・サン』(原題)
[Big Mommas: Like Father, Like Son] (New Regency/Fox)  NEW/初登場 [2,821 館]

『ビッグママーズ:ライク・ファーザー、ライク・サン』予告編


マーティン・ローレンス演じる変装達人のFBIエージェントを描くコメディ映画の第3弾。監督は第2弾と同じジョン・ホワイトセル。
ビッグママことマルコム(ブランドン・T・ジャクソン)は彼の養子で17歳のトレントと、女子美大で潜入捜査を行っていたところ、トレントが事件の容疑者を目撃する。



6.『ジャスティン・ビーバー ネヴァー・セイ・ネヴァー』
[Justin Bieber: Never Say Never] 3D (Paramount) 公開 2週目 [3,118 館]

『ジャスティン・ビーバー ネヴァー・セイ・ネヴァー』の内容は、(2/13全米興行トップ10)にて


【関連記事】
ジョニー・デップの記者会見に乱入?!したジャスティン・ビーバーの動画

原題=JUSTIN BIEBER NEVER SAY NEVER
日本公開=2011年5月7日
配給=パラマウント ピクチャーズ ジャパン
公式サイト=http://www.justinbieber-movie.jp/



7.『英国王のスピーチ』
[The Kings Speech] (Weinstein Co) 公開 13週目 [2,086 館]

『英国王のスピーチ』の内容は、(1/2全米興行トップ10)にて

【関連記事】
欧米で話題!『英国王のスピーチ』ベルリン映画祭の記者会見も行列!


日本公開=2011年2月26日
配給=ギャガ
公式サイト=http://kingsspeech.gaga.ne.jp/



8. 『ザ・ルームメイト』
[The Roommate] (Screen Gems/Sony) 公開 3週目 [2,160 館]

『ザ・ルームメイト』の内容は、(2/6全米興行トップ10)にて




9. 『第九軍団のワシ』
[The Eagle] (Focus Features) 公開 2週目 [2,296 館]

『ザ・イーグル』の内容は、(2/13全米興行トップ10)にて

日本公開=2012年3月24日
配給=太秦
公式サイト=http://washi-movie.com/
c2010 Focus Features LLC. All Rights Reserved.
[2012/2/23情報追加]




10.『抱きたいカンケイ』 
[No Strings Attached] (Paramount) 公開 5週目 [1,966 館]

『抱きたいカンケイ』の内容は、(1/23全米興行トップ10)にて


日本公開=2011年4月22日
配給=パラマウント
公式サイト=http://www.dakitai-kankei.jp/




※数字は( http://boxofficemojo.com/ )より


――最新の「全米トップ10」はこちらから

――南樹里の“映画評マニエラ”はこちらから