映画『八日目の?』の完成披露試写会にて、左から中島、森口、井上、永作、監督cJulie Minami4月18日、映画『八日目の?』の完成披露試写会が都内の劇場で催され、出演者の井上真央、永作博美、森口瑤子、そして成島出監督が出席し舞台あいさつを行いました。また、2010年10月下旬から耳管開放症のため、活動を休止していた中島美嘉が登場し、同作の主題歌でもある、待望の新作「Dear」を生披露。その歌声に感激した、井上真央&永作博美らが大粒の涙を見せる場面も見受けられました。

本作は、直木賞作家・角田光代が手掛けた初の長編サスペンス『八日目の?』を、実写映画化したヒューマン・サスペンス。

成島200nagasaku026監督「先日、(本作の)ロケ地・小豆島で3,000人以上の方に試写を観て頂きました。みなさんお世話になった方々ばかりでしたし、現地で生まれ育った方々に「自分の島がこんなに綺麗だったなんて知らなかった」とおっしゃって頂けてうれしかったです」

井上「悲しく切ない物語ではあるのですが、最後に一筋の光と希望を感じることのできる作品だと思います。最後まで楽しんでいってください」

永作「私的には非常に難しい役を頂いたな、と緊張しながら撮影に入りました。役と共に必死に走り抜けたような作品です。何も考えずに、観て頂きたいと思います」

森口「この作品はすごくパワーがあります。それぞれの役に対して、みなさんも感情移入をして頂き、どっぷりとハマってほしいな、と思います。生きる力を感じて帰って頂ければ嬉しいです」

物語の設定上、井上と永作の共演シーンはないのだが、永作はロケ地の小豆島に足を運び、井上の収録を内緒で見物しに行っていたという。そのことについて永作は、「井上さんを見ていたら、“薫”と言って育てた少女が大きくなったかと思うと、不思議な気持ちになった」と、母性を感じたことを口にした。

200mika043中島にとって活動休止後、初めて一般の皆さんの前で歌う機会。ステージ中央に立つと、右足から靴を脱ぎ、一瞬靴を抱えてポーズ。中島が裸足で歌うのは、ファンには周知だ。この行動にファンから「知ってるよ~」の声が。また、主題歌「Dear」歌唱後も「復帰おめでとう!」「(髪型)ショート、可愛い」など、中島に対する声援は絶えなかった。そして中島も、ファンの声援に笑顔で、かつ手を振るなど、元気な姿を見せていたのも印象的。

中島は「この曲はとても大きな愛をテーマにしています。お話を頂き、作品を観てから作った曲なので、映画と一緒に楽しんで頂くのが、一番この曲に合っていると思います」と語った。


200mao039そして、壇上で「Dear」を聞いていた井上真央、永作博美らは感極まって大粒の涙を流すことに。

永作は後方を向いて心を落ち着け、必死にこらえていたのだが。最初に発言を求められた井上は、そのような気持ちを整理する時間がなく、ぽろぽろと涙をこぼしつつ「いろいろ思い出してしまって……。すごく作品とリンクして、いろんな感情を歌っていただいて嬉しいです。みなさんより先に泣いてしまって、すみません」と、謝罪した。

最後に成島監督が「スタッフ、キャストが力を合わせてつくりました」と本作に込めた思いを熱く語り、舞台あいさつを締めくくりました。


映画『八日目の?』作品紹介
タイトルは、「虫」に「單」が正式表記です

日本公開=2011年4月29日
配給=松竹
公式サイト=http://www.youkame.com/


八日目の蝉 通常版 [DVD]八日目の蝉 通常版 [DVD]
出演:井上真央
販売元:アミューズソフトエンタテインメント
(2011-10-28)
販売元:Amazon.co.jp




◆主題歌はこちら  

DearDear
アーティスト:中島美嘉
販売元:SMAR
(2011-04-27)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



◆原作はこちら

八日目の蝉 (中公文庫)八日目の蝉 (中公文庫)
著者:角田 光代
中央公論新社(2011-01-22)
販売元:Amazon.co.jp


(英文版) 八日目の蝉 - The Eighth Day(英文版) 八日目の蝉 - The Eighth Day
著者:Mitsuyo Kakuta
講談社インターナショナル(2010-01-15)
販売元:Amazon.co.jp


――最新の「会見/イベントレポート」はこちらから

――南樹里の“映画評(シネマ)マニエラ”はこちら