b600ba8c.jpg
ティム・バートンが心底惚れ込み、プロデュースまで手がけたのは、アカデミー賞短編アニメーション部門候補になった『9~オリジナル・ショートフィルム』(以下『9』)の長編映画化でした。

「これまでの人生で見た映像の中で、最高の11分間だった」byティム・バートン





こちらの『9〈ナイン〉~9番目の奇妙な人形~』と元ネタ短編 続きはシネママニエラにて (2013/11/04)







南樹里のシネママニエラ