ぼくのエリ 200歳の少女『エクリプス/トワイライト・サーガ』に続きまして。北欧発のヴァンパイア映画の傑作をご紹介します。それが"Lat den ratte komma in/Let the right one in"でして、このたび、邦題が『ぼくのエリ 200歳の少女』に決定しました。

スウェーデンが舞台のヴァンパイア・ラブストーリー。孤独な少年と、ヴァンパイアという秘密をもつ少女エリが出会う。友情、愛とはなにかを問いかけます。

 『ぼくのエリ 200歳の少女』予告編


12歳の少年オスカーの両親は別れて暮らしている。
彼は学校ではいじめられっ子だったが、「友達が欲しい」と心底願っていた。

彼の心のバランスは、自分の傷を移すかのように、木々を傷つけることでどうにか保たれていた。
ところが、ある日、その現場を、同じぐらいの年齢の少女のエリに見つかってしまう。彼女は引っ越してきたばかりだという。

エリは温度を感じないのか雪でも裸足。外出は夜だけ。ルービックキューブを知らなければ、「だいだい12歳」と自分の年齢も定かでないという。女の子なら喜びそうなキャンディも苦手らしい。

そんな彼女の惹かれたオスカーは、ふたりのコミュニケーション手段として、モールス信号を提案する。その日以後、ふたりは自室の壁伝いにモールス信号での会話を楽しむようになるのだった。

だが、エリが現れた頃と時を同じくして、
街では不可解な失踪や殺人が次々と起きはじめる。

12歳の体に、永遠の命を閉じ込められたまま生きるエリ。
実は彼女はヴァンパイアとして、人間のように生きられない運命にある。

オスカーに対するいじめはエスカレートしていた。
エリは彼を守るために、ある決意をするが……。

原題=Lat den ratte komma in
英題=Let the right one in
日本公開=2010年7月
監督=トーマス・アルフレッドソン 
原作・脚本=ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト(「モールス」ハヤカワ文庫刊) 
キャスト=カーレ・ヘーデブラント、リーナ・レアンデション、ペール・ラグナル 
2008年スウェーデン映画/115分/PG12 
配給=ショウゲート 
公式サイト=http://bokueli.com/
 (c) EFTI_Hoyte van Hoytema (c)EFTI MMVIII


原作の翻訳版はこちら

MORSE〈下〉―モールス (ハヤカワ文庫NV)
MORSE〈下〉―モールス (ハヤカワ文庫NV)

MORSE〈上〉―モールス (ハヤカワ文庫NV)

MORSE〈上〉―モールス (ハヤカワ文庫NV)



傑作の証=ハリウッドでリメイク 決定!

『クローバーフィールド/HAKAISHA』のマット・リーブス監督が、『モールス/Let me in』というタイトルでリメイクし、全米公開が決定しています。 主人公オーウェンを『ザ・ロード』のコディ・スミット=マクフィー。少女アビー役を『キック・アス』のクロエ・モレッツがそれぞれ演じ、『扉をたたく人』でアカデミー賞にノミネートされたリチャード・ジェンキンスも出演することで話題です。
――最新の「先取り話題作」はこちらから

――南樹里の“映画評(シネマ)マニエラ”はこちらから