シリーズ最終章もド派手!『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』日本版ポスター(C)2011 PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved.なんと! シリーズ最終章の『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』が2週連続で首位になりました。

3D効果もあるでしょうが、同作の世界興行収入が、約400億円を突破したのも納得。週末には来日した監督のコメントもお伝えできるのではないかと……。

マイケル・ベイ監督に3Dを薦めたのは、同作の製作スティーブン・スピルバーグと、『アバター』のジェームズ・キャメロンだとか。業界の御大(おんたい)に言われちゃ、抵抗はできないよなあと思いつつ。御大の読み通り、3Dの特製を活かせるのは、ベイ監督かもしれないです。

公開されたら「IMAXに鑑賞行くぞー」とトランスフォーマー好きな筆者にはツボです。


1. 『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』
Transformers 3 (Paramount) 公開2週目 [4,088 館]

『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』予告編


歴史的事実に絡めた物語+マイケル・ベイらしいド派手アクション。長尺ですが、ファンにはたまりません。
#やっぱりオプティマス・プライムはおいしいトコどり。

日本公開=2011年7月29日
配給=パラマウントピクチャーズ
公式サイト=http://www.transformersmovie.com/intl/jp/
c 2011 PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved.



2.『モンスター上司』 『ホリブル・ボスズ』 (原題)
Horrible Bosses (New Line/Warner Bros) NEW/初登場 [3,040 館]

海外版『モンスター上司』予告編



毎日うんざりする仕事を少しでもマシにさせる方法として、耐えがたいボスを葬り去る“上司排除計画”を考案するが……。
#耐えがたいボスは、当人に自覚がないからやっかいですよねえ。

日本公開=2011年10月29日
配給=ワーナー・ブラザース映画
公式サイト=準備中
c
[追記]2011/8/14「モンスター上司」に邦題決定




3.『ズーキーパー』(原題)
Zookeeper (MGM/Sony) NEW/初登場 [3,482 館]

海外版『ズーキーパー』予告編



動物たちが、動物園の管理人に対して“恋愛指南”するコメディ。
#動物が話す物語は珍しくなくなったけど、この人(=ケヴィン・ジェームズ)VISAダンスしそうだし。



4. 『カーズ2』
Cars 2 3D (Pixar/Disney) 公開3週目 [3,990 館]

映画『カーズ2』予告編


前作を継承しつつも、スパイ映画の趣が強く、がらりとテイストを変えたことに驚きました。予告編にも映りますが、日本の描きかたににんまりできるはず。

[関連News]
Perfume世界へ!「ポリリズム」が映画『カーズ2』の本編挿入歌に決定

日本公開=2011年7月30日
配給=ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
公式サイト=http://www.cars2.jp/
(c)DISNEY / PIXAR 



5. 『バッド・ティーチャー』(原題)
Bad Teacher (Sony) 公開3週目 [2,962 館]

海外版『バッド・ティーチャー』予告編


逆玉婚に失敗した“バッド・ティーチャー”役に(←はまりすぎでしょ、な) キャメロン・ディアス! 彼女が教師の立場を利用して金儲けを企むとな。で、それがバレそうになり・・・・・・。共演は元カレのジャスティン・ティンバーレイク。
#キャメロンには、こういった“おバカ役”を一生続けてもらいたい

日本公開=
配給=
公式サイト=




6. 『ラリー・クラウン』(原題)
Larry Crowne (Universal)  公開2週目[2,972 館]

海外版『ラリー・クラウン』予告編


大企業でチームリーダーだったラリー・クラウンが“生きる意義を見いだす”物語。トム・ハンクス監督作なのに興行成績振るわず。
#くけー、トム・ハンクスとジュリア・ロバーツのキスシーンがある?!

日本公開=2012年5月11日
配給=ウォルトディズニースタジオジャパン
公式サイト=http://kyo-shitsu.jp/
[2012/2/29追記]邦題『幸せの教室』



7. 『SUPER 8/スーパーエイト』
Super 8 (Bad Robot/Amblin/Paramount) 公開5週目 [2,292 館]

海外版『SUPER 8/スーパーエイト』予告編にリンク


巨匠スティーブン・スピルバーグとJ.J.エイブラムスが初タッグ!
以前Twitterでつぶやいた通り、見どころはアリス役のエル・ファニング。

日本公開=2011年6月24日
配給=パラマウント ピクチャーズ ジャパン
公式サイト=http://www.super8-movie.jp/
c2011 PARAMOUNT PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.



8. 『モンテ・カルロ』(原題)
Monte Carlo (Fox) 公開2週目 [2,473 館]

海外版『モンテ・カルロ』原題


有名人と瓜二つなために、彼女と間違われたティーンが、成りすましでセレブ気分を満喫するも、高級宝飾品(ネックレス)を紛失してしまい……。ジャステイン・ビーバーの彼女である、セレーナ・ゴメス初主演映画。共演は「ゴシップガール」ブレア役のレイトン・ミースター。



9.『ミスター・ポッパーズ・ペンギンズ』(原題)
Mr. Popper's Penguins (Fox) 公開4週目 [1,996 館]

海外版『ミスター・ポッパーズ・ペンギンズ』予告編


児童書「ポッパーさんとペンギン・ファミリー」の映像化。

#我が家にペンギンがやってきた~ しかも6匹! ってな感じのドタバタコメディですかね。でも、結構楽しそう!

日本公開=2011年12月
配給=20世紀フォックス
公式サイト=
c



10.『グリーン・ランタン』
Green Lantern (Warner Bros) 公開4週目 [2,015館]

海外版『グリーン・ランタン』予告編


宇宙警察機構のグリーン・ランタン(=緑の提灯?と訳したらダメよね)。玉虫系な輝きを放つ、衣裳はCG製と知り、見る目が変わったぞ。

日本公開=2011年9月10日
配給=ワーナー・ブラザース映画
公式サイト=http://www.greenlantern.jp/
c2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. TM & (C) DC COMICS.



※数字は( http://boxofficemojo.com/ )より

――最新の「全米トップ10」はこちらから

――南樹里の“映画評マニエラ”はこちらから

ご要望はツイッター( @hola_julie )からどうぞ。