映画『マイウェイ 12,000キロの真実』よりc2011 CJ E&M CORPORATION & SK TELECOM. ALL RIGHTS RESERVED俳優のオダギリジョーが、総製作費25億円、240日間に及ぶアジアからヨーロッパの大陸横断撮影を敢行した、主演映画『マイウェイ 12,000キロの真実』について「毎日、死にそうだった」とし、スタッフと「休みの日にサッカーが出来たのが楽しかった」と思い出を語った。

本作は、アメリカの公文書館で発見された、1枚の写真に写った兵士に基づき映像化した感動ドラマ。1944年、第二次世界大戦のノルマンディー上陸作戦でドイツ軍捕虜の中に1人の東洋人がいた。彼は連合軍の尋問を受けると、朝鮮、ソ連、ドイツ、と国境を越えノルマンディまで、5年間、12,000キロメートルに及ぶ体験を語りだす。


この兵士の物語を知った、カン・ジェギュ監督は、「この過酷な状況の中、この男が生き抜く事を諦めなかったのはなぜか? 何を希望に生き抜いたのか」を考えた。どんなに過酷な状況であっても、人が生き抜く事を決して諦めない、その希望を突き詰めた時、“国を信じた日本人と、夢を信じた朝鮮人の対立と和解の物語”が生れたという。カン・ジェギュ監督の代表作には、映画『シュリ』、『ブラザーフッド』がある。

国を信じた男・長谷川辰雄役のオダギリジョーは、「毎日、死にそうだった」と、韓国で8か月間、ラトビアは1か月間という長期に及んだ撮影を振り返った。「始まる時は、地獄の日々が始まると思いましたが、今日で終わるとなると寂しいですね。元々、韓国は好きだったので、仕事で8か月過ごせたのは幸運だと思ったし、楽しかったです。ラトビアは季節も良くて、凄く楽しかったです」。

そして題材について、「第二次世界大戦に触れるというのは、どこの国にとっても凄く敏感な事柄です。そんな中、韓国、中国、日本、三か国の俳優が集まってこの作品を作るという事が、大きな挑戦だと思いました。この作品は、二人の男の物語です。ただその物語の中に戦争があるというだけで、戦争映画だとは思っていません」と言及した。

また、韓流四天王のチャン・ドンゴンとの共演は、「日本でも有名な韓国のトップスターですし、すごく緊張するんじゃないかと思ってました。実際にお会いしたら、意外にシャイな部分があり、一人でいる事が好きな部分だったり、人との距離感であったり、僕と似た部分が見えてきて、お互いが無理することなく、過ごしやすい空気感を共有できるようになりました。一緒に芝居をする時も、お互いに尊重しあえて、演技しやすい環境を作りあえる、そういう関係性だったので凄くやりやすかったです。ドンゴン氏とは、俳優としてというよりも人間として似た部分が多いと感じました。凄く理解しあえている気がして、とても身近に感じました」


【関連News】
オダギリジョー&チャン・ドンゴン初共演作は実話ベース/映画『マイウェイ』製作記者会見 in カンヌ映画祭

チャン・ドンゴン「辰雄役は絶対オダギリさん」と絶賛/映画『マイウェイ 12,000キロの真実』


映画『マイウェイ 12,000キロの真実』特報



英題=MY WAY
日本公開=2012年1月14日
配給=CJ Entertainment Japan、東映
公式サイト=
http://www.myway-movie.com/
c2011 CJ E&M CORPORATION & SK TELECOM. ALL RIGHTS RESERVED


――最新の「先取り話題作」はこちらから

――南樹里の“映画評マニエラ”はこちらから