新藤兼人監督が心情を吐露、映画人生“最後”の初日舞台挨拶/『一枚のハガキ』8月6日、御年99歳、日本最高齢の新藤兼人監督作『一枚のハガキ』の初日舞台挨拶がテアトル新宿にて行われ、キャストの豊川悦司、大竹しのぶ、柄本明、倍賞美津子、津川雅彦、そして新藤監督が登壇しました。

新藤監督にとって、この日が映画人生最後となる初日舞台挨拶だけに、「この映画は私が98歳で撮った作品ですが、自分の人生の終わりに“終わりの映画を一本作っておきたい”と思って、皆さんに集まって頂きました。私の力というより、皆さんの力が大きい。そんな作品です」と述べた。

そして、これまで新藤作品に多数出演してきた“新藤組”の豪華キャストも結集し、監督との思い出が次々と語られました。そんななか感極まった津川が、涙を見せる場面も。俳優陣からは、これからも、“最後の作品”を作り続けてほしいという願いも語られました。


豊川悦司
前作に続き、今回も呼んで頂けたことがとても幸せでした。二度あることは三度あるということもありますので、監督、これからもよろしくお願いします!
今年は大きな震災がありました。原発の事故は未だに収束していません。今日8月6日は広島に原爆が落とされた日でもあります。この映画はそういう悲惨や痛みを乗り越えて、その先にある希望の光を描いている作品だと思います。皆様にもその“光”が数多く届きますようにお祈り申し上げます。
 
 
大竹しのぶ
今日は本当にありがとうございます。新藤組でいつものスタッフと、ワンカットワンカット監督と一緒に作った映画をこうしてたくさんの方に観ていただけてとても幸せです。監督はすごく細やかに演出して下さって、すべての動きやセリフに指示を出してくださいました。監督の想いが劇場にお越しの皆様に、そして日本の人たち、世界の人たちに届いて欲しいと思います。
 
 
柄本明
新藤組“俳優部”の柄本明です。新藤兼人監督の最後の映画ということですが、この前『石内尋常高等小学校 花は散れども』という映画を撮った時も、“最後の映画”ということで、主演は僕だったんですけれど。また今回“最後の映画”を撮られまして、主演はトヨエツになってしまいました(笑)。まだこれからも、“最後の映画”は続くと思いますので、皆さんどうぞ応援をよろしくお願いいたします。

 
倍賞美津子
新藤組“役者部”の倍賞美津子です。新藤監督とは映画『竹山ひとり旅』で出会いました。今回最後の映画で再びお会いできたことが非常に嬉しかったです。監督の作品に出ること自体に意義がある、オリンピックよりももっとすごい事だと思います。そして何よりこのようにたくさんの方にご覧頂けることがとても嬉しいです。

 
津川雅彦
新藤組の“俳優部”の津川雅彦です。監督が80歳の時に制作された『墨東綺譚』という作品がございまして、それが最初の“最後の映画”でございました。その時に撮影中毎日僕の目の前に立って、ご自分の戦争体験の話を聞かせて下さいました。それがもう面白くておかしくて、「戦争の話ってこんなに面白いのか!」と感動したほど監督のお話が上手でした。それが結局19年目に『一枚のハガキ』という映画になりました。語り口は明るくて、コミカルにしかしながら、戦争の悲惨さも飲み込ませてくれる、そんな匠の腕を持ったプロ中のプロの作品だと思います。それを皆様にお送りできることは、我々の誇りです。


新藤監督
これまで独立プロをやってこられたのも、本当に皆さんのおかげだと思っています。いつもつまずいていまして、つまづく度に額をぶつけ続けました。しかし、泣きたくても泣いてはいけない。前を向いて歩いて参りました。しかし、なんでも終わりがあるように、私にも終わりが参りました。私も皆さんとお別れです。しかし、今まで作った映画、映画に対する想いがありますから、「新藤はこのような映画を作ってきたんだ」と時々思い出してください。それだけが望みです。何を作ったか、なんという映画を作ったか。この映画は私だけではなく、皆さんと一緒力を合わせてに作った映画です。それを思い出して頂ければ、私は死んでも死なない。いつまでも生き続けます。

映画『一枚のハガキ』ストーリー
戦争末期に召集された兵士100名のうち、94名が戦死し6名が生きて帰ってきた。その生死を分けたのは、上官が彼らの任務先を決める為にひいた“クジ”だった―――。


【関連News】
米国で新藤兼人監督の回顧展開催! 発起人はオスカー俳優


原題=一枚のハガキ
日本公開=2011年8月6日
配給=東京テアトル
公式サイト=http://ichimai-no-hagaki.jp
c2011「一枚のハガキ」近代映画協会/渡辺商事/プランダス 


一枚のハガキ【DVD】一枚のハガキ【DVD】
出演:豊川悦司
販売元:TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
(2012-02-21)
販売元:Amazon.co.jp



――最新の「会見/イベントレポート」はこちらから

――南樹里の“映画評マニエラ”はこちらから

【お知らせ】
2012年8月「映画評(シネマ)マニエラ」のURLが変わりました。
今後は「http://www.cinemaniera.com/ 」となります。ブックマーク等は変更いただきまして、引き続きのご愛読をよろしくお願い申し上げます。