4a4a0fdb.jpg
第63回カンヌ映画祭のオープニングを飾った、リドリー・スコット監督最新作『ロビン・フッド』ですが、惜しくも興業面では、初登場首位ならず。



1. 『アイアンマン2』
[IRON MAN 2] (Marvel/Paramount) 公開2週目 [4,390 館]

『アイアンマン2』の内容は(5/9全米興行トップ10)にて

日本公開=2010年6月11日
配給=パラマウント
公式サイト=http://www.ironman2.jp/
公式ブログ=http://blog.livedoor.jp/ironman_2/


2.『ロビン・フッド』

[ROBIN HOOD] (Universal) 初登場/NEW  [3,503 館]

『グラディエーター』の監督×主演コンビによるスペクタクル大作。中世の吟遊詩人が生んだ伝説の義賊、ロビン・フッドに扮するのはラッセル・クロウ。共演は、ケイト・ブランシェット、ウィリアム・ハート、マックス・フォン・シドーら。


『ロビン・フッド』予告編

日本公開=2010年12月
配給=東宝東和
公式サイト=http://robinhood-movie.jp/
c 2010 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.



3.『ジュリエットからの手紙』
[LETTER TO JULIET]  (Summit) 初登場/NEW [2,968 館]





リーゼ&セイル・フリードマンの同名小説を『シャーロットのおくりもの』のゲイリー・ウィニック監督が映像化。「ロミオとジュリエット」の舞台であるイタリアのベローナへ旅したソフィーが、1通の手紙を読んだことから始まる恋愛物語。『マンマ・ミーア』のアマンダ・セイフライドと『恋愛睡眠のすすめ』『バベル』のガエル・ガルシア・ベルナルが共演。


※[2011/2/8 邦題など更新]
日本公開=2011年
配給=ショウゲート
公式サイト=http://www.juliet-movie.jp/
c



4. 『ジャスト・ライト(原題)』
[JUST WRIGHT] (Fox Searchlight) 初登場/NEW [1,831 館]

『ジャスト・ライト』予告編



クイーン・ラティファ扮するセラピストと、コモン/Common扮するNBAのバスケット選手を描くロマコメ。監督のサナ・ハムリは、コモン、レニー・クラヴィッツ、プリンス、スティング、ジェイZ、クリスティーナ・アギレラなどのミュージクビデオで活躍している、モロッコ系アメリカ人の女流監督です。



5.『ヒックとドラゴン』
[How To Train Your Dragon] 3D (Dreamworks Animation/Paramount) 公開8週目 [2,620館 ]

『ヒックとドラゴン』の内容は(4/25全米興行トップ10)にて    

日本公開=2010年8月7日   
配給=パラマウント   
公式サイト=http://www.hic-dragon.jp/



6.『エルム街の悪夢』
[Nightmare on Elm Street] (2010) (WB/NL) 公開3週目 [3,075館]

『エルム街の悪夢』の内容は(5/2全米興行トップ10)にて

日本公開=2010年6月26日
配給=ワーナー
公式サイト=http://www.elm-street.jp/


7.『デート・ナイト(原題)』
[Date Night] (Fox) 公開 6週目 [2,481館]

『デート・ナイト』の予告編は(4/25全米トップ10)にて



8.『バックアップ・プラン』
[The Back-Up Plan] (CBS Films/Sony) 公開4週目 [2,497館]

『バックアップ・プラン』の内容は(4/25全米トップ10)にて



9.『ファーリー・ベンジェンス(原題)』
[Furry Vengeance] (Summit) 公開3週目 [2,695館]

『ファーリー・ベンジェンス(原題)』の内容は(5/2全米興行トップ10)にて



10.『タイタンの戦い』
[Clash Of The Titans] (Warner Bros) 公開 7週目 [1,300館]

『タイタンの戦い』の内容はサム・ワーシントン主演『タイタンの戦い』にて  
 

日本公開=2010年4月23日   
配給=ワーナー・ブラザース映画   
公式サイト=http://wwws.warnerbros.co.jp/clashofthetitans/    
     (上映は2D,3Dの2ヴァージョンあり)

【関連記事】サム・ワーシントン来日語録/タイタンの戦い



数字は(http://boxofficemojo.com/)より


――最新の「先取り話題作」はこちらから

――南樹里の“映画評(シネマ)マニエラ”はこちらから