映画『ザ・ヘルプ』V2首位に!【予告編付き8月28日全米トップ10】ニューヨーク・タイムズ書籍ランキング1位のベストセラー小説を映画化した感動ドラマが、先週末に公開2週目で首位を奪還し、そのままキープ!
 
新作は、リュック・ベッソンやギレルモ・デル・トロが製作を務めた作品が、ランクインしました。


1. 『ザ・ヘルプ(原題)』→『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』
The Help (DreamWorks/Disney) 公開3週目 [2,778 館]

海外版『ヘルプ』予告編


ニューヨーク・タイムズ書籍ランキング1位のベストセラー小説を映画化した感動ドラマ。エマ・ストーン、ヴィオラ・デイヴィス、ブライス・ダラス・ハワードが出演。
1960年代のアメリカ南部を舞台に、勇気と友情によって旧弊な町に変革をもたらした、驚くべき女性たちの物語が描かれる。

#女性讃歌っぽい、期待!

日本公開=2012年3月日
配給=ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
公式サイト=
c
[追記]2011/10/22『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』に邦題決定



2.『コロンビアナ』(原題)
Colombiana (Sony Pictures/TriStar) NEW/初登場 [2,614 館]

海外版『コロンビアナ』予告編


オリビエ・メガトン監督のアクション映画。主演は映画『アバター』のゾーイ・サルダナ、製作がリュック・ベッソン。『ニキータ』路線かと思いきや、目の前で父親をマフィアに殺された少女が、成長し復讐のために暗殺者になって……というストーリー。

#いかにも“ベッソン印”って感じ

リュック・ベッソン発掘の美少女アマンドラ・ステンバーグが映画『コロンビアーナ』を語る

日本公開=2012年9月1日
配給=ショウゲート
公式サイト=http://colombiana.jp/
c




3. 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』
Rise Of The Planet Of The Apes (Fox) 公開4週目 [3,374 館]

『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』予告編


映画史上に残る名作『猿の惑星』。その謎=起源が明かされる!

#猿、スゴすぎ! ようやく猿のシーザーの感情表現と賢そうな姿が見られました。期待を裏切らない面白さ! しかも意外や意外、感動も。


[関連News]
『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』海外予告編で内容をさぐる?!

日本公開=2011年10月7日
配給=20世紀FOX
公式サイト=http://www.saruwaku.jp/
c2011 TWENTIETH CENTURY FOX.



4.『ドント・ビー・アフレイド・オブ・ザ・ダーク』(原題)
Don't Be Afraid of the Dark  (FilmDistrict) NEW/初登場 [2,760 館]

海外版『ドント・ビー・アフレイド・オブ・ザ・ダーク』予告編



ギレルモ・デル・トロ製作・脚本のスーパーナチュラル・ホラー映画。ティーンエイジャーのヒロイン・サリーの父親役にガイ・ピアース、その恋人で同居人の女性をケイティ・ホームズが演じている。彼らが住む邸宅には、ある秘密があり……。

#暗闇を怖がるな!って、深夜に1人見したら怖かったぞ

日本公開=未定
配給=
公式サイト=
c



5.『アワ・イディオット・ブラザー』(原題)
Our Idiot Brother (Weinstein) NEW/初登場 [2,555 館]

海外版『アワ・イディオット・ブラザー』予告編


ポール・ラッド主演のコメディ。一家には3人の姉妹と、アホな息子が1人いる。その3人姉妹に扮するのは、エリザベス・バンクス、ズーイー・デシャネル、エミリー・モーティマー。彼女たちが順番で、彼=ブラザーの面倒をみるのだが……。

#映画『幸せの始まりは』のラッドがダメ男に

日本公開=未定
配給=
公式サイト=
c




6. 『スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッション』
Spy Kids 4D (Dimension/Weinstein) 公開2週目 [3,305 館]

映画『スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッション』予告編


8年ぶりの「スパイ・キッズ」シリーズ続編は、立体映像(3D)+香り(1D)=4D映画の登場。
新スパイキッズの双子が大活躍! 敏腕スパイママと家族で力を合わせて、世界の時間を支配しようとするタイムキーパーに立ち向い、縦横無尽に超時空ワールドを駆け回る。

#マスコミ向けの案内状も香り付きでした。

日本公開=2011年9月17日
配給=アスミック・エース
公式サイト=http://sk4d.com/
cSPY KIDS 4 SPV, LLC.



7.『スマーフ』
The Smurfs - 3D (Sony) 公開5週目 [2,861 館]

映画『スマーフ』特報



妖精スマーフの青いエキスを求めて、悪い魔法使いが彼らを襲う!
ベルギーの漫画家のピエール・クリフォールが生み出した、リンゴ3個分の背丈の青い妖精が映画に。実写と最新のアニメーション技術を駆使、『魔法にかけられて』や『アルビン 歌うシマリス3兄弟』の進化系です。

#まだ2D版しか鑑賞してませんが、村祭りを控えてのお尻フリフリダンスが超可愛いです。このキャラクターは、80年代にCM起用されましたね。

日本公開=2011年9月9日
配給=東宝東和
公式サイト=http://smurf-movie.jp/
cCourtesy of Sony Pictures Animation




8. 『コナン・ザ・バーバリアン』(原題)
Conan The Barbarian (Nu Image/Millenium/Lionsgate) 公開2週目 [3,015 館]

海外版『コナン・ザ・バーバリアン』予告編


ロバート・E・ハワードの小説『英雄コナン』シリーズを原作に映像化。国を守る戦士を描く。なおアーノルド・シュワルツェネッガー主演で映画化した、同名原題、邦題『コナン・ザ・グレート』のリメイクではないと強調。

#ワイルドさはいいけども…微妙。

日本公開=未定
配給=
公式サイト=
c



9. 『ラブ・アゲイン』 『クレイジー、ステューピッド、ラブ』
Crazy, Stupid, Love (Warner Bros) 公開5週目 [1,577 館]

海外版『クレイジー、ステューピッド、ラブ』予告編


40代の生真面目な男カル・ウィーバーは、高校時代から交際してきた現妻から離婚を切り出される始末。しかし遊び人のジェイコブ・パルマーにより、紳士への変身を試みると…。

#TPOによるけど、確かにマジックテープのお財布はイケてない。

日本公開=2011年11月19日
配給=ワーナー・ブラザース映画
公式サイト=
c2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
[追記]2011/8/25「ラブ・アゲイン」に邦題決定



10.『フライトナイト/恐怖の夜』  『フライト・ナイト』(原題)
Fright Night (DreamWorks/Disney) 公開2週目 [3,114 館]

海外版『フライト・ナイト』予告編



高校3年生のチャーリーの隣人は吸血鬼だった!?
アントン・イェルチン、コリン・ファレルが共演。1985年の同名タイトル(邦題『フライトナイト』)のリメイク版。

#T4のアントンだ!(るん)。コリンの吸血鬼役、違う怖さがあるかも。

日本公開=2012年1月7日
配給=ディズニー
公式サイト=
c
[追記]2011/9/5『フライトナイト/恐怖の夜』邦題と公開日


※数字は( http://boxofficemojo.com/ )より

――最新の「全米トップ10」はこちらから

――南樹里の“映画評マニエラ”はこちらから

ご要望はツイッター( @hola_julie )からどうぞ。