5c70387e.jpg
今月からスタートする、本音でつぶやく「月一オススメ映画」シリーズです。

All About[映画]のメルマガでは、不定期掲載のコラム(公開日とタイトル、短文で紹介)でしたが、この“映画評のマニエラ”では記事化してみました。

後日、【溺愛×偏愛映画】としてコラムを掲載するものは、この中から選ぶ確率が高いと思います。

タイトルから映画の公式サイトにリンクを貼りましたので、作品の詳細はそちらでチェックしてくださいね。

【コメント未掲載のものは、後日追記します】


6月4日公開
『セックス・アンド・ザ・シティ2』 メイン舞台は中東アブダビ。それが功を奏した気がする。⇒SATC2にみるHow to 禁断の体験

『マイ・ブラザー』
演技派俳優たちが抜群の演技を見せる中、それと互角の熱演でイザベラを演じた子役ベイリー・マディソンは印象的。


6月5日公開
『孤高のメス』堤真一扮する医師の気高さにしびれる。司法と医療の深い溝は、もっと話題にされるべき。

『告白』
   鬼才・中島監督の最高傑作だと思う。松たか子はやはり素晴らしい。⇒南樹里のツボ

『ブライト・スター~いちばん美しい恋の詩(うた)~』
 ジョン・キーツとファニー・ブローンの悲恋。スクリーンで観たい、恋愛映画の秀作。
 

6月11日公開
『アイアンマン2』 前作より断然テンポがいい! ミッキー・ロークがステキです。⇒
『アイアンマン』ミニ特集


6月12日公開
『ケンタとジュンとカヨちゃんの国 松田&高良のバディ映画としても◎  『愛のむきだし』以降、女優・安藤サクラから目が離せません!  ⇒『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』
完成披露舞台あいさつレポ

『パリ20区、僕たちのクラス』
カンヌ映画祭パルムドール受賞作。移民問題もあるけれど、教育現場の真実がココに。

『クレイジー・ハート』
ジェフ・ブリッジスの脱力感が映画のトーンとして生かされた、大人向けドラマ。⇒ 『クレイジー・ハート』ジェフ・ブリッジスは渋カッコイイ

『ACACIA-アカシア-』
製作の背景は、あまりにパーソナル内容では?!とちょっと引いたけど。見たら印象が変わった。 

『アウトレイジ』
北野武監督作品ってだけで◎なんだけど。これまでと異なるキャスティングで、新たな世界観を構築。 『アウトレイジ』完成会見
 

6月19日公開
『ダブル・ミッション』 ハリウッド作品ながら王道のジャッキー・チェン映画になっていました。子役との絡みもいい感じ。

『ザ・ウォーカー』
圧倒的な映像美学に拍手!デンゼルのような演技派に+アクションものって最強のキャスティングでしょう。⇒ 『ザ・ウォーカー』の映像美学はハンパじゃない

『ソフトボーイ』
波瑠ちゃんが出演しているので。それと実話ベースの青春モノを豊島監督が!ってだけで興味をそそられました。ただ、このオチ(=仕掛け)は筆者には想定内です。

『4匹の蝿』イタリアン・ホラーの巨匠の作品がリバイバル。スクリーンで観られる貴重な機会です。 ⇒南樹里のツボ

『闇の列車、光の旅』
未見。※周囲の評価が高いので。
 

6月26日公開
『ザ・ロード』 
コーマック・マッカシーのピューリッツァー賞受賞作を基に、終末の世に、ひたすら南へ向かう父と息子の壮絶な旅路を映像化。シャーリーズ・セロンもすごいし、ヴィゴ・モーテンセンの熱演が一見の価値あり。

『さんかく』 『純喫茶磯辺』の監督が描く、高岡蒼甫と、姉妹役の田畑智子と小野恵令奈(AKB48)の三角関係+αの行方は?

『SR サイタマノラッパー2 ~女子ラッパー☆傷だらけのライム~』 青春&音楽映画の傑作です。選挙戦のウグイス嬢、や法事の席でのラップといったミスマッチがハマっている。岩松了のスパイスもいい。この面白さ、クセになります!!

『ユニバーサル・ソルジャー:リジェネレーション』シリーズ第3作にして、1の続きを描く。何といっても、ヴァン・ダムとラングレンのガチンコ対決が◎。

『ザ・コーヴ』第82回アカデミー賞外国語賞受賞作。※賛否両論作として。



――最新の「先取り話題作」はこちらから

――南樹里の“映画評(シネマ)マニエラ”はこちらから