大幅に改善され、極上のエンタメ大作になって帰ってきた!


0218d5cc.jpg
『アイアンマン2』でメガホンをとった、
ジョン・ファブローの監督作品といえば。

・『エルフ -サンタの国からやってきた』- Elf (2003)
・『ザスーラ』 Zathura: A Space Adventure (2005)
・『アイアンマン』 Iron Man (2008)
・『アイアンマン2』 Iron Man 2 (2010)

といった作品がありますが。

これまで彼の作品は、(作品としては面白くても)シークエンスごとに「プツン」って流れが途切れるという印象を持っていました。
で、そのたびに「あ、今映画館にいるんだ」って。現実に戻っちゃう……くすん。

ところが『アイアンマン2』では、大幅に改善!


あまりに流れがよくなったことに興味を持ちまして。
そのあたりのスタッフを調べてみました。

ひっかかったのは、こちらの方々。

『アイアンマン』
『アイアンマン2』
◆脚本
Writing credits(WGA)
Mark Fergus (screenplay) &
Hawk Ostby (screenplay) and
Art Marcum (screenplay) &
Matt Holloway (screenplay)
◆脚本
Writing credits(WGA)
ジャスティン・セロウ/Justin Theroux (screenplay)
『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』の脚本を務め、ロバート・ダウニー・Jrnoの推薦で本作に携わること に。
◆編集
Film Editing by
ダン・リーベンタール/Dan Lebental
『エルフ -サンタの国からやってきた』(2003)
『ザスーラ』 (2005)
『アイアンマン』 (2008)
『アイアンマン2』(2010)
◆編集
Film Editing by
ダン・リーベンタール/Dan Lebental
『アイアンマン』でサテライト賞編集賞を初受賞。ジョン・ファブローの監督作にはこの人あり、という編集技術者。
リチャード・ピアソン/Richard Pearson
『007/慰めの報酬』『俺たちフィギュアスケーター』『ゲットスマート』『ユナイテッド93』『ボーン・スプレマシー』を担当した編集技術者。アクション映画に定評あり。



このリチャード・ピアソンの参加が
最大のポイントだったのではないかと推測。

シーンのつなぎ目を追ったのですが。
前作で感じた興ざめ感ゼロ!で、とてもリズミカル。


そのおかげでトランスフォーマーなどの
マシーンバトルが大好物の筆者にとっては、
『アイアンマン2』でのマシーンバトル祭りに、テンション↑↑まくり。

そんなバトルの一部がYou Tubeで見られます。




このシーンは「ターミネーターかい!」とツッコミたくなりましたが(笑)。
後になって、重要なシーン(前フリとオチ)だと分かります。

どのように重要か、どんなオチか。劇場でお確かめください。


本当の戦いand面白さ幕開け! ってタイトルの意味


というわけで『アイアンマン』はイマイチと思っていた筆者。

原作に馴染みがないためアイアンマン・アーマーの顔。特に口元。

「怪物くん」のフランケンを彷彿させる、間抜け面に見えたこともあり。
日本で同時期に試写で観た『インクレディブル・ハルク』のが断然好みでした。


ところが、今回の『アイアンマン2』は。

リズミカル
悲哀も含めた敵役っぷり
これでもか!というマシーンバトル
パワードスーツの進化
美女のセクシー対決

すっかりツボにはまりまして。

ぜひ、この流れを維持して『アイアンマン3』、
そして『アベンジャーズ(原題)』(2012)に繋げてほしいなと思っています。


【関連記事】 2010年6月オススメ映画
【関連記事】 『アイアンマン2』ストーリー&予告編(日本語字幕付き)
【関連記事】 『アイアンマン2』で本当の戦さand面白さ幕開け!
【関連記事】動画3分でわかる『アイアンマン』
【関連記事】1分でナットク映画『アイアンマン』
【関連記事】ミッキー・ロークにときめく/『アイアンマン2』


日本公開=2010年6月11日
配給=パラマウント
公式サイト=
http://www.ironman2.jp/
公式ブログ=http://blog.livedoor.jp/ironman_2/
Iron Man 2, the Movie: c 2010 MVL Film Finance LLC.  Iron Man, theCharacter: TM & c 2010 Marvel

Entertainment, LLC & subs. All Rights Reserved.
――最新の「先取り話題作」はこちらから

――南樹里の“映画評(シネマ)マニエラ”はこちらから