映画『メランコリア』よりc2011 Zentropa Entertainments ApS27映画『奇跡の海』でカンヌ国際映画祭グランプリを、映画『ダンサー・イン・ザ・ダーク』で同映画祭パルムドールを受賞した鬼才ラース・フォン・トリアー監督の最新作『メランコリア』日本公開が2012年2月に決定したことが発表された。主演のキルステン・ダンストは、本作で第64回カンヌ国際映画祭主演女優賞に輝いた。

ワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」をバックに映し出される異様なまでに美しく荘厳な地球の最期。そこで試される静謐なる魂の救済、深淵なる孤独と絶望。それらを圧倒的な映像美で描き切り、観る者の奥底にある暗部を抉り、感情を揺さぶり、そして心を鷲掴みするトリアー監督渾身の人間ドラマ。

主人公ジャスティン役に映画『マリーアントワネット』『スパイダーマン』シリーズのキルステン・ダンスト。ジャスティンの姉・クレア役には、映画『恋愛睡眠のすすめ』『アンチクライスト』のシャルロット・ゲンズブール。そのほか大人気ドラマ「24 -TWENTY FOUR-」のキーファー・サザーランド、シャーロット・ランプリング、ジョン・ハートなど、世界各国の名立たる俳優陣が出演している。

特筆すべきことは、映画『アンチクライスト』で第62回カンヌ国際映画祭主演女優賞を受賞したシャルロット・ゲンズブールに続き、キルステン・ダンストも本作で第64回カンヌ国際映画祭主演女優賞を獲得していることだ。

海外版『メランコリア』予告編



『メランコリア』ストーリー
泣いてもいい。笑ってもいい。もう、世界は終わるのかも知れないから──。
姉クレアと、その夫ジョンの豪華な邸宅で盛大な結婚パーティーを行うジャスティン。
伴侶となるマイケルと共に皆に祝福されて幸せなはずのジャスティンは、ある種の空しさに駆られていた。そして、巨大な惑星メランコリアが地球に向けて近づいていることを知り、焦燥や絶望ではなく、何故か、心が軽くなっていく感覚を覚える。だがそれは同時に、メランコリアが世界の終わりをもたらすことをも意味していた。

原題=MELANCHOLIA
日本公開=2012年2月17日
配給=ブロードメディア・スタジオ
公式サイト=http://melancholia.jp/
c2011 Zentropa Entertainments ApS27


メランコリア [Blu-ray]メランコリア [Blu-ray]
出演:キルスティン・ダンスト
販売元:ジェネオン・ユニバーサル
(2012-08-03)
販売元:Amazon.co.jp



――最新の「先取り話題作」はこちらから

――南樹里の“映画評マニエラ”はこちらから