4d092409.jpg
トム・クルーズ&キャメロン・ディアス共演のアクションコメディー『ナイト&デイ』や、米国では大人気のアダム・サンドラー出演のコメディーが初登場。でも、(やっぱり?!)『トイ・ストーリー3』が、首位をキープしました。



1.『トイ・ストーリー3』
[Toy Story 3](BV) 公開2週目 [4,028館]

『トイ・ストーリー3』の内容は、(6/20全米興行トップ10)にて


日本公開=2010年7月10日
配給=ウォルト ディズニー スタジオ モーション ピクチャーズ ジャパン
公式サイト=http://www.disney.co.jp/toystory/
c 2008 WALT DISNEY PICTURES / PIXAR ANIMATION STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.



2.『俺たちグローン・アップス』
[Grown Ups] (Sony) 初登場/NEW  [3,534館]

『俺たちグローン・アップス』予告編



アダム・サンドラー、ケビン・ジェームズ、クリス・ロック、ロブ・シュナイダー、デビッド・スペードが扮する、高校時代にバスケチームメンバーの5人が、13年ぶりに恩師の葬儀で集うことに。監督は『俺は飛ばし屋/プロゴルファー・ギル』『ビッグ・ダディ』『エージェント・ゾーハン』のデニス・デューガン。アダム・サンドラー主演作史上、最高のオープニング成績だとか。

日本公開=2010年
配給=ソニー
公式サイト=



3.『ナイト&デイ』
[Knight & Day] (Fox)初登場/NEW [3,098館]

『ナイト&デイ』予告編


『17歳のカルテ』のジェームズ・マンゴールド監督による、トム・クルーズ出演のアクションコメディー。出会った男はスパイだったことから……。

日本公開=2010年10月9日
配給=20世紀フォックス
公式サイト= http://movies.foxjapan.com/knightandday/
©2010 TWENTIETH CENTURY FOX




4.『ベスト・キッド』
[The Karate Kid] (Sony)公開3週目  [3,740 館]

『ベスト・キッド』の内容は、(6/13全米興行トップ10)にて


日本公開=2010年8月14日
配給=ソニー
公式サイト=
http://www.bestkid.jp/



5.『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』
[The A-Team] (Fox) 公開3週目   [3,242 館]

『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』の内容は、(6/13全米興行トップ10)にて


日本公開=2010年8月20日
配給=20世紀FOX
公式サイト=http://movies.foxjapan.com/ateam/




6. 『ゲット・ヒム・トゥ・ザ・グリーク(原題)』
[Get Him To The Greek] (Universal)  公開 4週目  [2,188館]

『ゲット・ヒム・トゥ・ザ・グリーク(原題)』の内容は、(6/6全米興行トップ10)にて




7.『シュレック フォーエバー』
[Shrek Forever After館] 3D (DWA/Par) 公開 6週目 [2,340 館]

『シュレック フォーエバー』の内容は、(5/23全米興行トップ10)にて


日本公開=2010年12月18日
配給=パラマウント
公式サイト=



8. 『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』
[Prince of Persia] (Disney) 公開 5週目 [1,851館]


『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』の内容は(5/30全米興行トップ10)にて

日本公開=2010年5月28日
配給=ウォルト・ディズニー
公式サイト=persia-movie.jp/
©Disney Enterprises,Inc. and Jerry Bruckheimer,Inc.




9. 『キス&キル』
[Killers] (Lionsgate)  公開 4週目  [2,271館]

『キス&キル』の内容は、(6/6全米興行トップ10)にて


日本公開=2010年12月3日
配給=ギャガ
公式サイト=http://kisskill.gaga.ne.jp/index.html



10.『ジョナ・ヘックス(原題)』
[Jonah Hex] (WB) 公開2週目   [2,825館]


『ジョナ・ヘックス』の内容は、(6/20全米興行トップ10)にて


日本公開=
配給=ワーナー・ブラザース映画



数字は(http://boxofficemojo.com/)より

――最新の「先取り話題作」はこちらから

――南樹里の“映画評(シネマ)マニエラ”はこちらから