11月19日、第12回東京フィルメックス開幕。11月19日、第12回東京フィルメックスが開幕した。オープニング作品である映画『アリラン』(キム・ギドク監督)の上映前には、オープニングセレモニーが開催され、アミール・ナデリ(アメリカ/審査委員長、映画監督)、フィリップ・アズーリ(フランス/批評家)、チョン・スワン(韓国/前チョンジュ国際映画祭プログラム・ディレクター)、篠崎誠(日本/映画監督)、林加奈子(日本/東京フィルメックスディレクター)が登壇した。

「東京フィルメックス」は、いま世界が最も注目する作品をいち早く上映する国際映画祭。アジアの若手によるコンペティション部門、最先端の注目作が並ぶ特別招待作品のほか、毎年好評の特集上映では、ニコラス・レイ監督生誕百年記念上映や相米慎二監督作品13 本一挙上映、名匠・川島雄三作品が。監督らを招聘し、観客との質疑応答やトークイベントでは、映画と人との出逢いが“映画の未来へ”誘う。

林ディレクターは、「今を生きる私たちが、もっと強く生きるために必要な映画が揃いました!」と、開会宣言をすると、映画祭の開催を心待ちにしていた観客で埋まった会場からも大きな拍手が起きた。

続いて、コンペティション部門の審査員のうち4名が登壇し、代表して審査委員長のアミール・ナデリが「フィルメックスとは8 年間の付き合いで、日本への窓口になってくれました。西島秀俊さんとも、スタッフとも出会い、その結果日本で映画を作ることができ(『CUT』)、この映画祭は“我が家”といえます!」と、東京フィルメックスへの感謝の気持ちを語った。審査を務めるにあたり「コンペティション10 本の作品を観ると、林ディレクターと市山プログラムディレクターが丁寧に選んだという確信があります。映画について真剣に考えて、心から(審査員としての)仕事をおこないたいと思います」という、力強い決意を表明。

また、特集上映のプログラムも、自身の好きな作品が数多く上映されるとあって、「今日(こんにち)においても新鮮なアイデアを得たり、映画の基本的なルーツに戻ることもできる作品たち」と、この機に鑑賞するようアピールした。また、「私の映画は『CUT』というタイトルですが、映画のオープニングにあわせて“アクション”と申し上げたい」と発して、客席からは笑いが。最後に、来場していたドナルド・リチー氏に向かって、「今この瞬間を彼にささげます」と心からの謝辞を述べた。



公式サイト=http://filmex.net/2011/


――最新の「会見/イベントレポート」はこちらから

――南樹里の“映画評マニエラ”はこちらから


アリラン [DVD]アリラン [DVD]
出演:キム・ギドク
販売元:マクザム
(2012-09-28)
販売元:Amazon.co.jp