田中麗奈、人生応援シネマ『種まく旅人~みのりの茶~』を語る風光明媚な大分県臼杵市を舞台に、お茶の有機栽培を営む人々の姿を爽やかに描いた映画『種まく旅人~みのりの茶~』で、病に倒れた祖父に代わって、大切なお茶畑を守る孫娘のみのりを演じた田中麗奈を直撃した。お茶の栽培を通じて新たな人生を歩み始める役どころを好演した彼女が同作を語った。

同作は、2012年3月3日の大分、福岡での先行上映を経て、3月17日より全国公開される。16年ぶりに映画主演する陣内孝則が、官僚でありながら現場に足を運んで皆と汗を流す人間味溢れる役人の大宮金次郎役を務めていることも話題だ。

――陣内孝則さんと共演されていかがでしたか?

田中麗奈(以下、麗奈):よく冗談を言って現場を和ませ雰囲気を温めるような方。私もよく笑っていた気がします。

――「農ガール」「農ギャル」という言葉があるように、最近、農業に興味を持っている女性も増えているようですが、若い世代の女性が農業に注目していることをどう思われますか?

麗奈:若い世代の方々が農業を体験したり趣味にされるのはとても良い事だと思います。 実際に体力もいる作業なので若い方が携わっていくことで、沢山の方の助けになると思います。

――映画のロケで実際に農業を体験されて如何でしたか?

300tane-ma麗奈:毎日飲んでいるお茶ですが、実際に飲むまでにはこんなにも時間と手間がかかるのかということに驚きました。機械を使うときもありますが、大変な重労働はさけられません。美味しいお茶は、農家の方々の努力の賜なんだと教えられました。

――撮影中に楽しかったこと、ご苦労されたことなどありましたか?

麗奈:薄着で撮影していたので、寒さは辛かったです。ですが、撮影が終わったあとの温かい食事はいつも以上に美味しく感じました。

――映画についてメッセージをお願いします。

麗奈:仕事って何だろう。やりたい事って何だろう。なんとなく流されて生きてきたみのりが茶畑に触れて改めて生きていることに感謝し、答えを見つけていきます。人の手をかけることで、更に実って行く茶葉の姿は美しく、人と自然が手を取り合い生きていることを教えてくれました。人生の休息時間。観た方の心がお茶を飲んだ時のようにホッと出来る映画になっていると思います。

自分たちで作ったおいしいごはんを食べて、笑い合って、日が沈んだら眠りにつく。時々、星空を見上げて泣く。そんなシンプルな暮らしの大切さ。美しい大分の茶畑を背景にしたおおらかな人間模様に笑い、美しい夕日に感動し、観賞後はふといまの自分の足元を見つめ直したくなる。デザイナーとしての職を失い、自分の居場所が見えなくなりながらも、お茶の栽培を通じて新たな人生を歩み始めるみのりを演じる田中麗奈の姿には、多くの女性が等身大の自分を投影し、共感するに違いない。

あたりまえの毎日にある幸せに気づくとき、人は満ち足りた気持ちになる。人生を応援する映画『種まく旅人~みのりの茶~』をぜひお見逃しなく!


『種まく旅人~みのりの茶~』ストーリー
金ちゃんこと大宮金次郎(陣内孝則)。全国各地の農家を訪ねては作業を手伝い、酒を酌み交わすこの男の実体は農林水産省の官房企画官だが、役所と畑では全くの別人であるため、両方の顔を知る者はいない。一方、デザイナーの仕事をリストラされ、祖父の修造(柄本明)が暮らす大分県臼杵市にやって来たみのり(田中麗奈)。そんな二人が修造の営む有機茶園で出会った翌日、修造が突然の病に倒れてしまう。かわりに畑仕事をするはめになったみのりは、市役所農政課の職員・卓治(吉沢悠)から有機農業の大変さを聞かされ、また自然の厳しさや慣れない田舎の風習に何度もめげそうになるが……。

出演=陣内孝則、田中麗奈、吉沢悠、柄本明、永島敏行、石丸謙二郎、寺泉憲、中村ゆり、林美智子ほか 
監督=塩屋俊 
主題歌=中村中「ずっと君を見ている」
日本公開=2012年3月17日(3月3日大分・福岡先行ロードショー)
配給=ゴー・シネマ
公式サイト=http://www.tanemaku-movie.com/
c『種まく旅人~みのりの茶~』製作委員会


――最新の「先取り話題作」はこちらから

――南樹里の“映画評マニエラ”はこちらから