松山ケンイチと瑛太が初共演作を語った/映画『僕達急行 A列車で行こう』舞台あいさつにて昨年12月に急逝した森田芳光監督の遺作である映画『僕達急行 A列車で行こう』プレミア試写会の舞台あいさつが、2月19日に品川プリンスシネマで行われ、松山ケンイチと瑛太、貫地谷しほり、ピエール瀧が登壇し、同作には「趣味を通して人と人が交流することが豊かな人生につながるという大事なメッセージが込められている(松山)」等と作品の魅力を述べた。登壇者は「純粋な気持ちになれた(瑛太)」、「監督のおかげで、すごくほわっとした現場で、私たちもほわっとした(貫地谷)」、「そんな撮るんですか!と度肝を抜かれる演出も楽しかった(瀧)」と“森田組”の撮影の日々を振り返った。また、舞台あいさつには、鉄工所従業員役のジュンとデイビット矢野も駆け付けた。

300boku9-046本作は森田監督が長年温め続けたオリジナル企画の映画化。主人公は鉄道愛好家(=鉄ちゃん)の二人――大手企業「のぞみ地所」本社勤務の小町圭(松山)と、技術はあるが経営危機の「コダマ鉄工所」跡取り息子・小玉健太(瑛太)――は、ふとしたきっかけで出会い、趣味を通して友情をはぐくむ。


小玉はピンク、小町はブルーが役のイメージカラー。松山が「衣裳とメイクがあってこそ役になりきれた」と語れば、瑛太も「ピンクのカーディガンは持っていませんし(笑)。着た瞬間に小玉になれた」と同意。ヒロイン役の貫地谷は、2人の鉄ちゃんぶりを「趣味がないので、うらやましいなぁと思った」と絶賛していた。そして、劇中で鉄ちゃんを演じた3人は、本物のSL(蒸気機関車)を見た時にはテンションが上がったと吐露。

松山と瑛太は本作が初共演。瑛太が「松山くんとずっと共演したかったし、実際一緒にいると優しい気持ちになれる。その空気感で、僕は自分のペースを見つけられた。尊敬しています、天才ですし、秀才だと思います」と称賛。松山も「小玉と小町がより深く交流しケンカするシーン等演じたかったし、(舞台となる)土地を変えても物語ができそう。瑛太さんとまた(共演)できたらいいなあ」と続編を熱望している様子。2人のユルふわなコンビ感が絶妙なのも、そのような気持からにじみ出たものなのだろう。

300boku9-029この日は、映画鑑賞後の舞台あいさつを経て、品川駅から新幹線で博多へという、同作のロケ地を巡るツアーに参加する方々も。松山は「九州には、(特急で熊本市と天草諸島を結ぶルートの一角を成す観光列車の)『A列車で行こう』があるので、ぜひ!」と笑顔で勧めた。



日本公開=2012年3月24日
配給=東映
公式サイト=http://boku9.jp/
c2012「僕達急行」製作委員会


――最新の「会見/イベントレポート」はこちらから

――南樹里の“映画評マニエラ”はこちらから


◆主題歌「RIDE ON」はこちらのアルバムに収録

STARSTAR
アーティスト:RIP SLYME
ワーナーミュージック・ジャパン(2011-03-02)
販売元:Amazon.co.jp