映画『ファウスト』A・ソクーロフ監督/不幸な権力者は危険な存在か?!映画『太陽』、『エルミタージュ幻想』などの巨匠アレクサンドル・ソクーロフ監督が念願の企画であったヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ著の「ファウスト」を映像化。映画『エルミタージュ幻想』で美術を担当したエレーナ・ジューコワと衣装デザインのリディヤ・クリューコワと再タッグを組み、映画『アメリ』『アクロス・ザ・ユニバース』『ハリー・ポッターと謎のプリンス』の撮影監督ブリュノ・デルボネルが加わり、斬新な演出と自由解釈で映画化。第68回ヴェネチア国際映画祭でグランプリ(金獅子賞)を受賞したこの傑作が、5月に日本公開となる。

主人公ファウストを演じるのは、ドイツが誇る人気俳優ヨハネス・ツァイラー。エネルギー溢れる高利貸マウリツィウスを演じるのは、ダンサーのアントン・アダシンスキー。そして、名画のように美しいマルガレーテ役にイゾルダ・ディシャウクを大抜擢している。

映画『ファウスト』ストーリー
19世紀初頭、神秘的な森に囲まれたドイツの町。あらゆる地上学問を探求したファウスト博士は、研究をつづけるめに悪魔と噂され高利貸マウリツィウスのもとを訪れる。「お金は貸さないが、生きる意味を教える」とマウリツィウスに導かれるまま、町へと繰り出したファウスト博士は純真無垢なマルガレーテと出会う。その美しさに一目で心を奪われたファウスト博士は、彼女を求めて自らの魂と引き換えにマウリツィウスと契約を結ぶ。

#巨匠が提示するのは、“不幸な権力者は危険な存在か?!”ということか。

原題=FAUST
日本公開=2012年6月2日
配給=セテラ・インターナショナル
公式サイト=http://www.cetera.co.jp/faust/
c2011 Proline-Film,Stiftung fur Film-und Medienforderung, St.Petersburg,Filmforderung, Russland Alle Rechte sind geschutzt



◆原作はこちら

ファウスト 第一部 新訳決定版 (集英社文庫ヘリテージシリーズ)ファウスト 第一部 新訳決定版 (集英社文庫ヘリテージシリーズ)
著者:ゲーテ
集英社(2004-05-20)
販売元:Amazon.co.jp






――最新の「先取り話題作」はこちらから

――南樹里の“映画評マニエラ”はこちらから