松嶋尚美、中島美嘉はどんだけ細いか!9月10日、映画「バイオハザード」シリーズの最新作『バイオハザードV:リトリビューション』プレミアム試写会が、東京のユナイテッドシネマ豊洲にて開催され、前作『バイオハザードⅣ アフターライフ』に日本人初のアンデッド役として出演し、本作でも続投した歌姫の中島美嘉がサプライズで登壇。本作の日本版主題歌「明日世界が終わるなら」を一年振りにステージで披露した。さらに今回描かれるのが「母子愛」ということで、タレントの松嶋尚美が中島の劇中衣裳を着用して登場し、子育て&女子トークで盛り上げた。

同作はミラ・ジョヴォヴィッチ主演の人間対アンデッドのサバイバルアクションホラー映画シリーズ。カプコンのゲームソフト『バイオハザード』が原案となっている。

松嶋は「今日は美嘉ちゃんが実際に映画で着た衣装を借りてきました。ダイエットをして、この3週間で5キロやせたのに、この衣装入らなかった。美嘉ちゃんがどんだけ細いかってことですよね。後ろ全部安全ピンです。プライベートでも仲良し。映画怖かったー!子供を守らなきゃいけないシーンがいくつかありますが、守ってー!とハラハラ。母親目線で観てしまった。子供ができてやっぱり変わりましたね」と、母ならではの視点で同作を語った。

更にサプライズは続き、主演のミラ・ジョヴォヴィッチのビデオレターが届く。ミラは「映画どうだった? 美嘉の歌を聴いたとき泣きそうになったわ。歌詞の意味を聞いて、世界の終わりというそのメッセージ性に心を打たれたの。彼女はすごく強い女性。私も強いほうだけど、彼女とはケンカしたくないわね(笑)そうそう、まだサプライズがあるから楽しみしててね!」と話し会場を沸かせる。

この日、もう1つの大きなサプライズはスペシャルゲストの中島美嘉。日本版主題歌「明日世界が終わるなら」を熱唱すると、松嶋と会場のファン達は、その歌声に聞き入った。1年ぶりにファンの前で歌を披露した感想を聞かれると中島は「すごく緊張していたんで、もう今はスッキリしてます。」とコメント。松嶋は「やっぱり生で聞くといいね。すごく心を込めて歌うんね。私のために歌ってくれてるかと思った(笑)」との感想に客席から笑いがあがった。

 そして中島は「守るものは誰にもあると思う。世界が終わるとしても笑顔でいれるように、温かい歌にしたかった。PVでは初のウェディングドレスにも挑戦しましたが、出来上がりを見て自分の結婚式では白はナシかな、と思いました(笑)」と歌に込めた思いを語った。映画にちなみ、明日世界が終わるなら?という質問は「できるだけたくさんの大好きな人たちと一緒にいたい。明日世界が終わることを忘れるくらい楽しく過ごしたいなぁ」(中島)「まずは家族でいること。あとは持ってる貯金は使ってしまわないとね。美味しいもの食べて、ブランドものとか買って、最後に若返る整形とかしてキレイにして死にたいな」(松島)と、女子トークを繰り広げていた。

 映画『バイオハザードV:リトリビューション』
原題=Resident Evil: Retribution
日本公開=2012年9月14日
配給=ソニー
公式サイト=http://www.biohazard5.jp/

◆日本版主題歌

明日世界が終わるなら(初回生産限定盤)(DVD付)明日世界が終わるなら(初回生産限定盤)(DVD付)
アーティスト:中島美嘉
SMAR(2012-09-19)
販売元:Amazon.co.jp




◆過去作はこちら

バイオハザードIV アフターライフ [DVD]バイオハザードIV アフターライフ [DVD]
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
(2011-04-22)
販売元:Amazon.co.jp




――最新の「会見/イベントレポート」はこちらから

――南樹里の“映画評(シネマ)マニエラ” はこちらから