29万人来場の特撮博物館・東京展が閉幕! 図録のネット通販を開始&来春国内巡回展を検討10月8日、「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」東京展が、29万人超の来場者を集め大盛況のうちに終了した。そして、多くの声に応えるべく「特撮博物館」は国内巡回展の検討を開始し、来春再開を目指すという。また、会期中に完売した特撮博物館図録のネット通販の予約を開始した。

スタジオジブリの企画協力のもと東京都現代美術館で行われた東京展は、9月2日[日]に来場者数は15万人、同月24日[月]には20万人、そして10月3日[水]には25万人という驚異的な動員を記録。特別招待日を含む87日間の会期で、最終的に29万1,575人が来場した。特撮作品を見て育った40代以上の男性はもちろん、20代のカップルや小さな子ども連れの家族、なかにはカメラをぶら下げたカメラ女子まで、幅広い層を魅了した。

スタジオジブリは過去にも同会場にて、さまざまな企画展を実施。特撮展は、2007年の「ジブリの絵職人 男鹿和雄展」を超え、2010年の「借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展」に次ぐ第2位の記録となった。なお、この数字は東京都現代美術館で開催された全ての美術展の中でも歴代3位の記録となるという。

そして「特撮博物館」国内巡回展の検討中であり、現在は来春からの再開を目指していることが明らかになった。詳細は決定次第、公式サイトにて発表予定。

会場=東京都現代美術館 企画展示室1F、B2F
会期=2012年7月10日[火]~2012年10月8日[月・祝]
公式サイト=http://www.ntv.co.jp/tokusatsu/


会期中に完売した図録の通販決定!

特撮博物館図録(2冊セット)=「館長庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」図録+別冊「巨神兵東京に現わる」パンフレット。セブンネット限定で取り扱い。
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1106220270


――最新の「会見/イベントレポート」はこちら

――南樹里の“シネママニエラ”はこちら