2013年夏のスタジオジブリは高畑勲監督作『かぐや姫の物語』×宮崎駿監督作『風立ちぬ』12月13日、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー(以下、鈴木P)による会見が行われ、2013年夏のスタジオジブリ最新作は『かぐや姫の物語』と『風立ちぬ』という2作品の同日公開決定が発表された。


高畑勲監督作『かぐや姫の物語』は、『となりの山田くん』(99)以来、同監督14年ぶりの新作。それについて鈴木Pは、「実際にかぐや姫を映画化しようと思ったのは2005年だったと思います。作品自体はそんな長いものになるとは思ってなかったんです。やったとしても、もしかしたら30分くらいじゃないかと。それが高畑さんの手にかかると、かぐや姫の身に何が起こったのか、何を思ったのか。それをちゃんと描くことで、ちゃんと(長編)映画になる。しかし、最初に出てきたシナリオを読むと、(映画にしたら)3時間半かかるものだったんです(笑)ちなみに『となりの山田くん』の時は7時間半でした(笑)足かけ7年、僕もこんなに時間がかかるとは思ってもいませんでした。しかし、書かれた脚本はとても素晴らしいもので、初めて読んだ時の感想は、「『アルプスの少女ハイジ』を日本でやると、こうなるんだな」と思いました」と語った。先に声を収録し後から画を作るプレスコという手法で制作され、すでに声録りは終えているという。

一方の宮崎駿監督作『風立ちぬ』は、昭和期の航空技術者である堀越二郎の物語。同作について鈴木Pは、「ゼロ戦を設計した人の生涯の話に、堀辰夫の恋物語をドッキングさせたらどんなお話になるだろう。そういうところから、始まりました」と企画の始まりを明かす。メインテーマは一個人に戦争で生じた矛盾の追及。

「堀越が10歳の少年時代から、物語は始まります。子供の頃から空に憧れて飛行機に乗りたかった少年が大人になった時、飛行機の仕事に携わろうと思った時に、時代は戦争の時代。そこで彼が作らなきゃいけないものが、艦上戦闘機だったという話なんです。宮崎駿は昭和16年生まれ。戦争というものを避けて通れない。戦闘機とかタンクとか、みんなそういうものが好きなんです。ところが時代は日本が戦争に負けて、戦争反対の時代でもあるんです。宮崎駿は、その矛盾の中で生きた人なんです」。しかしながら、同作は既に壁にぶつかっている模様。というのも「戦争中の若者たちはどういう喋り片をしているのかが分からない。宮崎駿曰く、現代の人より喋り方が早く、滑舌が良く、一人一人が凛としている。そういう人を探しています」と語った。

2作の独立作のはずが、諸事情により同日公開になったそうだが。思い起こせば、この組み合わせは、1988年4月に同時公開した『となりのトトロ』と『火垂るの墓』ぶり。さらなる傑作の誕生に期待は高まる!


『風立ちぬ』
日本公開=2013年夏
原作・脚本・監督=宮崎駿/音楽=久石譲
配給=東宝
公式サイト=http://kazetachinu.jp/
c 2013 二馬力・GNDHDDTK


『かぐや姫の物語』
日本公開=2013年夏
原作「竹取物語」/原案・脚本・監督=高畑勲/脚本=坂口理子
配給=東宝
公式サイト=http://kaguyahime-monogatari.jp/
c 2013 畑事務所・GNDHDDTK



――最新の「News/ニュース」はこちら

――南 樹里の“映画評(シネマ)マニエラ”はこちら