3DCG映画『STAND BY ME ドラえもん』より[シネママニエラ]ドラえもん原作者である藤子・F・不二雄 生誕80周年記念の年として2014年は、春に『映画ドラえもん 新・のび太の大魔境~ペコと5人の探検隊』を公開し、そして夏にはドラえもん初の3DCG映画『STAND BY ME ドラえもん』が公開されることが発表された。

『STAND BY ME ドラえもん』を手掛けるのは、『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズ、『friends もののけ島のナキ』を世に送り出し、世界にもひけをとらない3DCG作品で日本中に感動の渦を巻き起こした山崎貴・八木竜一のコンビ。八木監督は「みんな知っているキャラクターが立体的にいきいきと動き出す面白さを表現できる。見たことあるのに、新しい、という感覚を味わってほしいです。特にタケコプターで飛行するシーンは必見です」と心待ちにするファン心をくすぐる。

キャラクター造型には、1年以上を費やし、表情や動きなど徹底的にリアリティを追求。それと同時に、オリジナルの世界観を壊さないように丁寧に作業を進めていき、懐かしくも新しいドラえもんが。さらに、奥行きのある世界観と立体視の映像により、子ども時代に誰もが一度は憧れた、ひみつ道具をリアルに体感出来る作品を生み出すという。

脚本は山崎貴が担当。原作の中でも名作と言われる作品をベースに、新たな要素を加えて再構築。ベースとなるのは「のび太の結婚前夜」(原作:25巻)のしずかちゃんとの結婚をめぐる心あたたまるストーリー、「未来の国からはるばると」(原作:1巻)「さようなら、ドラえもん」(原作:6巻)における、みんなが知っているようで、知らない、ドラえもんとのび太の出会いから別れが描かれる。ドラえもんの魅力について、山崎監督は「いろんな便利なものが出てきて、夢がかなうと思いきや、実はかなわないんですよね。結局自分でなんとかするしかない。「便利なもの=幸せ」ではなく、「自分がどう感じて、どう動くのかが大切」という教訓を子ども時代に分からせてくれるのがいいです」と語っている。

『STAND BY ME ドラえもん』
日本公開=2014年夏
配給=東宝
公式サイト=http://doraemon-3d.com
©2014「STAND BY MEドラえもん」製作委員会


こちらのドラえもん初の3DCG映画『STAND BY ME ドラえもん』2014年夏公開 続きはシネママニエラにて






南樹里のシネママニエラ