南樹里の“映画評マニエラ”

――powered by livedoor News――

    FeedWind
    [重要]移転のお知らせ

    ▼シネママニエラは移転し新しいサイトは以下となります
    約8秒後に自動的に移転します、もし移転しない場合はURLをクリック願います https://www.cinemaniera.com/
    シネママニエラ ▼お手数おかけしますが、RSSの再登録もお願いします
    https://www.cinemaniera.com/feed/

    カテゴリ:製作国

    『ニーナ~ローマの夏休み』NINA/エリザ・フクサス監督[シネママニエラ] 世界的建築家マッシミリアーノ・フクサスの愛娘エリザ・フクサスが長編監督デビューを果たした映画『ニーナ~ローマの夏休み』の日本公開が、8月10日に決定した。c2012 Magda Film, Paco Cinematografica


    作品情報は
     http://www.cinemaniera.com/?p=835

    イ・ホンギ(FTISLAND)、映画『フェニックス~約束の歌~』来日会見にて[シネママニエラ] 韓国のロックバンドFTISLANDのメインボーカルを務めるイ・ホンギが、初主演映画『フェニックス~約束の歌~』のプロモーションのために俳優として初来日。アーティストとしては既に100回以上も来日しているものの、俳優として挨拶を求められるとはにかんだ表情を見せていたが、徐々に本来の持ち前の親しみやすさと饒舌なトーク力を生かして、会見の場を盛り上げた。

    【イ・ホンギ(FTISLAND)、映画『フェニックス~約束の歌~』来日会見】の続きを読む

    イ・ホンギ(FTISLAND)、映画『フェニックス~約束の歌~』でPR来日決定![シネママニエラ] 韓国のロックバンドFTISLANDのイ・ホンギが、初主演映画『フェニックス~約束の歌~』のPRのために、映画俳優としては初めて来日することが発表された。

    【イ・ホンギ(FTISLAND)、映画『フェニックス~約束の歌~』でPR来日決定!】の続きを読む

    イ・ビョンホン、映画『王になった男』来日会見にて[シネママニエラ] 韓流四天王のイ・ビョンホンが、キャリア初の歴史劇であり、一人二役に臨んだ映画『王になった男』の公開に先駆けて来日。王の苦悩をも描いた劇中で、「王が鬱憤を晴らす様は痛快だったのではないか」などの持論を明かした。

    劇中で実際に着用した王の衣装とともにフォトセッションに応じるイ・ビョンホン。

    【イ・ビョンホン、史劇『王になった男』で鬱憤を晴らす?!】の続きを読む

    周防正行監督、役所×草刈主演の映画『終の信託』で道義を問う刑事裁判のシステムを題材にした映画『それでもボクはやってない』の周防正行監督による、終末医療と尊厳死をテーマにした最新作『終(つい)の信託』が完成し、出演者の役所広司、草刈民代、大沢たかお、細田よしひことともに完成披露会見と舞台あいさつ登壇し、同作への思いを語った。

    【周防正行監督、役所×草刈主演の映画『終の信託』で道義心を問う】の続きを読む

    【華流】ニコラス・ツェー×ジェイ・チョウ『ブラッド ウェポン(原題:逆戦)』日本公開決定映画『密告・者』のダンテ・ラム監督が、香港のトップスターであるニコラス・ツェーと台湾のポップスターであるジェイ・チョウを配役した映画『ブラッド・ウェポン』の日本公開が2012年12月22日に決定した。 【【華流】ニコラス・ツェー×ジェイ・チョウ『ブラッド・ウェポン(原題:逆戦)』日本公開決定】の続きを読む

    イ・ビョンホンの公約! 映画『王になった男』動員1,300万人突破で、王の姿に10月6日、第17回釜山国際映画祭にてイ・ビョンホン主演の最新作『王になった男』のトークイベントがセンタムシティ前広場で行われ、イ・ビョンホン、リュ・スンリョン、チュ・チャンミン監督が参加した。

    朝鮮第十五代王・光海君(クァンヘグ)という実在した王の隠された歴史と真実に迫る物語で、本国の韓国では既に公開されている本作。イ・ビョンホンがキャリア初の時代劇で、暴君である光海君と心やさしい道化師のハソンという、一人二役を務めたこともあり、動員人数800万人を目前とするほどの大ヒットとなっている。そのためビョンホンはこの日、公約「動員1,300万人を突破したら、劇中の王の格好で挨拶する」ことを発表。
    【イ・ビョンホン公約! 映画『王になった男』動員1,300万人突破で、王の姿で○○する】の続きを読む

    麻生久美子、大泉洋との共演作『グッモーエビアン!』での複雑な心境を吐露 9月5日、映画『グッモーエビアン!』の舞台挨拶付き完成披露試写会がスペースFS汐留で行われ、麻生久美子が出産後初めての公の場で、妊娠中に同作の撮影に臨んだことや撮影時の苦労を明かした。

    麻生は「1度、母親役の経験はありましたが、撮影中にお腹に子供がいたのは、この作品しかありませんので特別な作品になりました。(お腹に子供がいる時だからこそ)セリフで言いたくない言葉があって、それを言わないといけない時は、少し気持ちが落ち込みました」と心情を吐露。

    【麻生久美子、大泉洋との共演作『グッモーエビアン!』での複雑な心境を吐露 】の続きを読む

    RAINピ主演映画『リターン・トゥ・ベース/R2B』日本公開決定!アーティストのRAIN(ピ)こと俳優チョン・ジフン主演の韓国映画『R2B(原題)』の邦題が『リターン・トゥ・ベース』となり、今秋日本公開が決定したことが明らかになった。同作はチョン・ジフン(RAIN)が入隊前に出演した最後の作品として公開前から注目を集めており、本国の韓国では8月15日より公開されスマッシュヒットを飛ばしている。 【RAINピ主演映画『リターン・トゥ・ベース/R2B』日本公開決定!】の続きを読む

    オンナの覚悟ってすごい!/映画『ヘルタースケルター』沢尻エリカ主演×蜷川実花監督の映画『ヘルタースケルター』にオンナの覚悟 を見た! 1人の女性の身体に巻かれた包帯がほどかれていく画で始まる同作 は、沢尻にとって5年ぶりのスクリーンになるという。

    本作は岡崎京子「ヘルタースケルター」の映像化であり、沢尻が演じたのは、「目ん玉と爪と髪と耳とアソコ以外は全部つくりもの」の“全身整形”で完璧美となったヒロインのリリコ。
    【オンナの覚悟ってすごい!/映画『ヘルタースケルター』】の続きを読む

    このページのトップヘ