南樹里の“映画評マニエラ”

――powered by livedoor News――

    FeedWind
    [重要]移転のお知らせ

    ▼シネママニエラは移転し新しいサイトは以下となります
    約8秒後に自動的に移転します、もし移転しない場合はURLをクリック願います https://www.cinemaniera.com/
    シネママニエラ ▼お手数おかけしますが、RSSの再登録もお願いします
    https://www.cinemaniera.com/feed/

    カテゴリ:製作国

    歴史巨編スペクタクル映画『1911』ポスターc 2011 JACKIE & JJ PRODUCTIONS LTD. All Rights Reserved.ジャッキー・チェンが総監督を務める映画『1911』は、王興東と陳宝光が脚本を担当し、メインキャストが63人もいる歴史超大作。構想10年、製作費30億円。ジャッキーにとっては、出演100作目に当たるという本作。

    数百年も続いた清王朝が打倒され、中国の君主制が廃止。共和制国家である中華民国を樹立した辛亥革命(しんがいかくめい)の顛末を再現した、初めての映画なのだとか。

    日本公開が決定し、ジャッキーからメッセージが届きました!

    【メインキャスト63人の映画『1911』は、ジャッキー・チェン出演100本目&メガホンも】の続きを読む

    ウォンビン主演映画『アジョシ』よりc CJ ENTERTAINMENT INC & UNITED PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.韓国四天王の一人ウォンビンが、自ら出演を切望し、今までのイメージをがらりと変えてまで挑んだという犯罪アクション映画が『アジョシ』の邦題で、9月17日に日本公開することが決定した。 【ウォンビン主演の犯罪アクション映画『アジョシ』邦題で、9月17日に日本公開】の続きを読む

    チャン・ドンゴン、ファン・ビンビンとオダギリジョー、カンヌにて cKazuko Wakayama5月15日(現地時間)、映画『マイウェイ』の製作記者会見が第64回カンヌ国際映画祭にて行われ、オダギリジョー、チャン・ドンゴン、ファン・ビンビン、カン・ジェギュ監督が登壇。実在した朝鮮兵のエピソード知った、カン・ジェギュ監督が製作。実話を基にした作品であるが、カン・ジェギュ監督は「この映画は、6年前に見つかった一枚の写真からはじまりました。ノルマンディでドイツ軍として捕まったアジア兵士のお話です。戦争だけではなく、人間の姿を描いています。敵と味方という描き方はしていない。お互い憎み合っていた者たちが、戦争の極限の中で友情が芽生え理解し合う話しを描いています」とコメントした。 【オダギリジョー&チャン・ドンゴン初共演作は実話ベース/映画『マイウェイ』製作記者会見】の続きを読む

    12月23日公開予定の映画『聯合(れんごう)艦隊司令長官 山本五十六』クラインクイン!5月15日、日本を代表する名優・役所広司が、連合艦隊司令長官・山本五十六を演じる、映画『聯合(れんごう)艦隊司令長官 山本五十六』がクランクイン。メガホンを執るのは映画『八日目の?』『孤高のメス』の成島出監督。

    成島監督は、「(自分の)監督デビュー作『油断大敵』でご一緒したあと、ずっと役所さんと次は何ができるか考えていました。山本五十六さんという人間を現在に蘇らせることのできる俳優は、役所広司さんしかいないと信じています。役所さんと一緒に、あの戦争、あの時代の真実を解き明かすことが、大切なものを守る希望の光につながると信じています」と述べた。

    【役所広司が山本五十六に!映画『聯合艦隊司令長官 山本五十六』】の続きを読む

    20世紀フォックス映画が、竹内結子主演で映画化!(C)2011『はやぶさ/HAYABUSA』フィルムパートナーズ通信途絶やエンジン停止など、絶体絶命のピンチに陥りながらも7年間、60億キロもの旅をした小惑星探査機「はやぶさ」は奇跡的な帰還を果たした感動的なストーリーを、ハリウッドのスタジオが注目し、竹内結子主演で映画化するとの発表が行われた。JAXA(宇宙航空研究開発機構)の全面協力のもと、はやぶさが命がけで持ち帰ったカプセルが着陸したオーストラリアのウーメラ砂漠など海外でも撮影を行うことになっている。

    映画『はやぶさ/HAYABUSA』は、事実に基づきプロジェクトの7年間にわたる挑戦と苦闘の日々を描き出す物語。竹内結子は宇宙科学研究所(現・JAXA)のスタッフとしてこの偉業の一端を担い、自らの生き方も見つめなおす役どころだ。そんな彼女を研究スタッフ兼広報要員としてスカウトする上司役を名優・西田敏行が務める。

    【映画『はやぶさ/HAYABUSA』、小惑星探査機の奇跡の帰還を20世紀フォックスが映画化!】の続きを読む

    映画『男たちの挽歌』のチョウ・ユンファc2010 Fortune Star Media Limited. All Rights Reserved.世界を熱狂させた熱い男たちの魂がスクリーンに蘇る!

    香港映画のスペシャル上映会“香港電影天堂SPECIAL”(4月29日から6月3日@シネマート六本木)が、このGWから始まっています。

    “アツイ男たち”をもう一度スクリーンで体感したい方々にはもちろん、まだ体感したことの無い方々にも、ぜひこの機会に劇場へ。尚リピータープレゼントなども行われるようです。
    【香港映画スペシャル上映「香港電影天堂SPECIAL」開催中】の続きを読む

    ベストセラー小説の映画化『八日目の蝉』は4月29日(金・祝)全国公開!直木賞作家・角田光代が手掛けた初の長編サスペンス『八日目の?』が、実写映画化されました。同作は2005年11月から読売新聞にて連載され、07年第2回中央公論文芸賞を受賞。

    各メディアから絶賛と驚愕をもって迎えられたベストセラー小説を基に、映画『孤高のメス』の成島出監督がメガホンを執った、ヒューマン・サスペンス映画『八日目の?』試写会【大阪】に、10組20名様をご招待します。 【映画『八日目の?』試写会【大阪】に10組20名様をご招待】の続きを読む

    好きな関西弁フレーズは「おおきに、どうもありがとう」という中谷と戸田。cJulie Minami2月22日、有川浩のベストセラー小説を映画化した『阪急電車 片道15分の奇跡』の製作報告会見が都内のホテルで行われ、出演者のの中谷美紀、戸田恵梨香、宮本信子、南果歩、芦田愛菜、そして本作で監督デビューとなった三宅喜重監督が登壇しました。

    【戸田恵梨香の自然体エピソードに中谷美紀らビックリ!映画『阪急電車』製作報告会見】の続きを読む

    俳優・渡辺 謙、映画『シャンハイ』では「久しぶりに闇の部分を前面に出した役」。日本が世界に誇る俳優・渡辺 謙&菊地凛子が出演した、米中合作映画『シャンハイ』が、8月20日(土)に日本公開することが決定しました。

    今回、渡辺は米国諜報部員を執拗に付け狙う、冷酷で謎めいた日本人将校を全編ほぼ英語セリフ(一部日本語)で演じており、そのことについて、「ジョン・キューザック、コン・リー、チョウ・ユンファらとしびれるような撮影をしてまいりました。久しぶりに闇の部分を前面に出した役をやらせてもらいました。少し違う一面を御見せできると思います」とコメントを寄せました。
    【世界の渡辺謙&菊地凛子が共演した、米中合作映画『シャンハイ』が8月20日日本公開へ】の続きを読む

    乱太郎満面の笑み、カッコイイ父ちゃんと美人のかあちゃんc2011実写版「忍たま乱太郎」製作委員会7月23日公開の『実写版 忍たま乱太郎』において、加藤清史郎が演じる主人公・猪名寺乱太郎の父親で“ヒラ忍者”に中村獅童、母親で“くの一”に檀れい、との配役発表があり、両氏よりコメントが届きました。

    ※写真は、カッコイイ父ちゃんと美人の母ちゃんとの間で、思わずピースサインをした乱太郎。 【映画『実写版 忍たま乱太郎』清史郎くんの両親役が発表!】の続きを読む

    このページのトップヘ