南樹里の“映画評マニエラ”

――powered by livedoor News――

    FeedWind
    [重要]移転のお知らせ

    ▼シネママニエラは移転し新しいサイトは以下となります
    約8秒後に自動的に移転します、もし移転しない場合はURLをクリック願います https://www.cinemaniera.com/
    シネママニエラ ▼お手数おかけしますが、RSSの再登録もお願いします
    https://www.cinemaniera.com/feed/

    カテゴリ:全米映画トップ10

    リーアム・ニーソン主演作『身元不明』(5月7日公開)より。c2011 DARK CASTLE HOLDINGS, LLCオスカーの発表目前!公開13週目を迎えた『英国王のスピーチ』が依然トップ10内をキープ。初登場にして首位を奪ったのは、ベルリンを舞台に繰り広げられるアクションサスペンス大作でした。新作でランクインをしたのは他に2作、特殊能力を持つ高校生が主役のSFアクションと、マーティン・ローレンス主演のクライムコメディの第3弾です。
    【リーアム・ニーソン主演作『アンノウン/Unknown』初登場で首位に【予告編付き2月20日全米トップ10】】の続きを読む

    日本のビリーバーも期待している『ジャスティン・ビーバー ネヴァー・セイ・ネヴァー』よりc2010 Paramount Pictures. All Rights Reserved.初登場でランクインしたのは、人気コメディアンの主演作、16歳のミュージシャンの実録映画、エルトン・ジョンが企画したミュージカルアニメ、そして史劇。しかもこれらがトップ4に並び、順位が大幅に入れ替わりました。

    ※画像は3D映画『ジャスティン・ビーバー ネヴァー・セイ・ネヴァー』 より。 【『ジャスト・ゴー・ウィズ・イット(原題)』初登場で首位に【予告編付き2月13日全米トップ10】】の続きを読む

    3Dリアル・アドベンチャー『サンクタム』c 2011 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.NFLのスーパー・ボウル開催の週末。国歌の歌詞を間違えて物議を醸してしまった歌姫クリスティーナ・アギレラのことが、試合結果(グリーンベイ・パッカーズ、31対25、ピッツバーグ・スティーラーズ)と並んで話題になっているようですが。試合開催の影響で、映画館の集客はいまいちでして、ドラマ「ゴシップガール」のキャストが主演した学園スリラーとジェームズ・キャメロン監督が製作に携わった3Dアドベンチャー映画がトップを飾りました。 【『ザ・ルームメイト(原題)』が初登場で首位!【予告編付き2月6日全米トップ10】】の続きを読む

    インパクト大な映画『ザ・ライト~エクソシストの真実~』のポスターc2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.ありそうでなかった姿を見ることになる!ってことで初登場で首位になったのは、実話に基づくオカルト系作品。ごく普通の青年がエクソシストになるまでの過程を映してゆく。主演は映画『羊たちの沈黙』『ハンバニル』のアンソニー・ホプキンス。こちらのポスターから想像するに、オスカー俳優の怪演が悪夢のように記憶にまとわりつく……かも。一方、ジェイソン・ステイサムが持ち味を生かして大暴れするリメイク作も上位にランクイン!しています。 【『ザ・ライト~エクソシストの真実~』初登場で首位!【予告編付き1月30日全米トップ10】】の続きを読む

    ナタリー・ポートマンとアシュトン・カッチャーの恋愛映画『抱きたいカンケイ』c 2010 DW Studios L.L.C. All Rights Reserved.第83回アカデミー賞ノミネーションが発表されたこともあり、掲載が遅くなりましたが、1月23日全米トップ10では、旬の女優が製作総指揮と主演を務めることで、圧倒的な女性支持を得た恋愛映画が初登場で首位になりました。 【『抱きたいカンケイ』初登場で首位!【予告編付き1月23日全米トップ10】】の続きを読む

    d276cb52.jpg
    キング牧師の名誉を称えた祝日を含んだ週末の米・興業収入ですが、前年比マイナス25パーセントの収益となった模様です。
    日曜には、ビバリーヒルズでゴールデングローブ賞授賞式も行われ、受賞効果で順位を上げた作品もあります。

    今週、初登場でランキングのトップ2を飾ったのは、往年の全米大ヒットTVドラマシリーズの3D映画化と、ロン・ハワード監督が原点回帰したとされるドラマです。

    【『グリーン・ホーネット』初登場で首位!【予告編付き1月16日全米トップ10】】の続きを読む

    コーエン兄弟の最新作『トゥルー・グリット』が、公開3週目にして首位を奪還!c2010 PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved.コーエン兄弟の最新作が、公開3週目にして首位を奪還しました。客層は65%が男性で、その内、70%が25歳以上を占めており、まさしく大人が観る名作として浸透し始めている模様。

    初登場でランクインを果たしたのは、ニコラス・ケイジとロン・パールマンによるアクション・アドベンチャー。12月に限定公開した、グウィネス・パルトローと『トロン:レガシー』のギャレッド・ヘドランドが共演したカントリー・ミュージシャンを題材としたドラマが公開スクリーンを増やして、前週の43位から大幅ランクアップしています。 【『トゥルー・グリット』公開3週目に首位奪還!【予告編付き1月9日全米トップ10】】の続きを読む

    2011年4月2日公開の3D映画『ヨギ&ブーブー わんぱく大作戦』より。c 2010 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.年末年始の全米興行ランキングは、新作は浮上せず。ほぼ前週と同じ結果になりました。(画像は、2011年4月2日公開の3D映画『ヨギ&ブーブー わんぱく大作戦』より)。

    ただし、賞レースにおいて、グングンと注目度が高まっている作品(『ブラック・スワン』『英国王のスピーチ』)が追い上げ中。しかも、『英国王のスピーチ』は、オスカー作品賞候補も夢ではなくなってきた模様です。
    【『ミート・ザ・ペアレンツ』第3弾『リトル・フォッカーズ(原題)』がV2首位!【予告編付き1月2日全米トップ10】】の続きを読む

    2011年GW公開の映画『ガリバー旅行記』は、『ナイト・ミュージアム』のような娯楽作か?!c2010 Twentieth Century Fox大ヒットした『ミート・ザ・ペアレンツ』シリーズの第3弾が、初登場で首位になりました! 豪華キャストを揃えたものの、前2作からは監督が交代。批評家の評価はイマイチでしたが、集客は成功した模様。

    そのほかに注目したいのは、コーエン兄弟の新作で、ジェフ・ブリッジス主演作が2位に。ブリッジスは前週『トロン:レガシー』が首位を飾ったばかり。オスカー受賞を機に、ノリに乗っている俳優といえるでしょう!

    アイルランドの風刺小説をベースにした、冒険ファンタジー映画『ガリバー旅行記』もランク入り。 【ミート・ザ・ペアレンツ3こと『リトル・フォッカーズ(原題)』初登場首位!【予告編付き12月26日全米トップ10】】の続きを読む

    ディズニーの映像革命『トロン:レガシー』cDisney Enterprises, Inc. All rights reserved.クリスマスシーズン真っ只中の全米を制したのは、新しい体感3D映画『トロン:レガシー』でした。収益の方も、1週目にして『ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島』に並ぶ勢い。そのほかに初登場でランクインしたのは、米国で人気のテレビアニメとリース・ウィ­ザースプーン&ジャック・ニコルソンらのハートフルストーリー。また、賞レースに絡んでいるアスリート伝記が2週目にしてランクインを果たしています。

    【『トロン:レガシー』初登場首位!【予告編付き12月19日全米トップ10】】の続きを読む

    このページのトップヘ