南樹里の“映画評マニエラ”

――powered by livedoor News――

    FeedWind
    [重要]移転のお知らせ

    ▼シネママニエラは移転し新しいサイトは以下となります
    約8秒後に自動的に移転します、もし移転しない場合はURLをクリック願います https://www.cinemaniera.com/
    シネママニエラ ▼お手数おかけしますが、RSSの再登録もお願いします
    https://www.cinemaniera.com/feed/

    カテゴリ:青春映画

    青春映画『ヒミズ』主演の染谷将太(左)と二階堂ふみギャグ漫画「行け!稲中卓球部」で爆発的人気を博す古谷実が、2001年から「ヤングマガジン」(講談社)で連載して大人気を博し、単行本全4巻が発売中の「ヒミズ」。映画化に際し、注目のキャスト情報が解禁となった。 【園子温監督の映画『ヒミズ』キャスト情報解禁!染谷将太×二階堂ふみ】の続きを読む

    大ヒット祈願したダルマを抱える松山ケンイチ(左)、妻夫木聡(中央)と山下監督。映画『マイ・バック・ページ』大阪記者会見にて5月24日、映画『マイ・バック・ページ』主演の妻夫木 聡×松山ケンイチの豪華2ショットに加え、メガホンを執った山下敦弘監督が揃って、大阪の堂島ホテルにて記者会見を行った。神戸で行われた撮影の裏話や大阪の印象などを語り、会見の最後には映画の大ヒットを祈願して“ダルマ”に目を入れた。

    同作は元新聞記者で文筆家の川本三郎氏が、ジャーナリスト時代に経験した日々を綴ったノンフィクションが原作。ボブ・ディランの楽曲をタイトルにつけたという。物語は、‘69年から72年の日本を舞台に、“梅山”と名乗る学生活動家の片桐優を演じた松山に、理想に燃える若きジャーナリストの沢田雅巳に扮する妻夫木聡が関わったことから、ある事件に巻き込まれていく姿を描く。実際の事件を基にして、作り上げた衝撃と感動のドラマは、邦画史に刻むべき青春映画の傑作といえるだろう。

    【妻夫木聡×松山ケンイチ、山下監督を絶賛!/映画『マイ・バック・ページ』大阪記者会見】の続きを読む

    前田と峰岸は壇上でも手つなぎ、映画『もしドラ』完成披露イベントにてcJulie Minami5月10日、映画『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』の完成披露イベントが六本木ヒルズアリーナで行われ、主演の前田敦子、瀬戸康史、峯岸みなみ、池松壮亮、川口春奈、大泉洋の出演者6名が劇中のセーラー服や野球のユニフォーム姿で登場。会場入りの際は、野球場をイメージした人口芝カーペットの上を歩いた。

    代表して前田が、「私たち映画『もしドラ』チーム一同は、どんなときでも元気を出して、全国のみなさんに真摯に感動を届けることを誓います!」と右手を掲げ宣誓し、1,000人近く集ったファンからは拍手が巻き起こった。

    【AKB前田敦子「真摯に感動を届けることを誓います」と宣誓/映画『もしドラ』完成披露イベント】の続きを読む

    メンバー公認の青春音楽映画であり、実在したミュージシャンを描く伝記映画『ランナウェイズ』映画『ランナウェイズ』は、青春音楽映画であり、実在したミュージシャンを描く伝記映画だ。当人を知らないため、本作に特段興味は抱いていなかったが、青春音楽映画として作品は良かった。

    1970年代に活動し、日本でも人気を博したガールズバンドの先駆け「ランナウェイズ」のボーカルだったシェリー・カーリー著「ネオン・エンジェル/NEON ANGEL」を基に、「ランナウェイズ」のギタリストだったジョーン・ジェットがプロデューサーに加わり製作されたというメンバー公認映画だ。
    【映画『ランナウェイズ』10代にしかできないことを楽しんで!】の続きを読む

    ユニフォーム姿の榮倉奈々、岡田将生、原田泰造c2011映画「アントキノイノチ」製作委員会“命”というテーマと向かい合い続けてきた映画『余命1ヶ月の花嫁』『Life 天国で君に逢えたら』の製作チームが、さだまさし著「アントキノイノチ」を映像化。

    主演を務めるのは、映画『告白』『悪人』『雷桜』などで躍進中の岡田将生と、映画『余命1ヶ月の花嫁』の榮倉奈々。ふたりは本作で初共演となる。

    【岡田将生&榮倉奈々、映画『アントキノイノチ』で遺品整理業に!撮影現場写真を初公開】の続きを読む

    風間俊介の映画初主演作『前橋ヴィジュアル系』よりc2011「前橋ヴィジュアル系」フィルムパートナーズ群馬県前橋の田舎町を舞台に、ヴィジュアル系バンドでプロになりたい夢を持つ農家の青年たちの夢と現実の葛藤を描いた青春映画『前橋ヴィジュアル系』が、3月12日に緊急公開されることが決まりました。同作は、豪華キャストによる笑いと感動がたっぷりつまった内容だとか。
    【農家のせがれがシャウト!!映画『前橋ヴィジュアル系』が緊急公開に!】の続きを読む

    ケンタとジュンとカヨちゃんの国大森立嗣監督、松田翔太主演『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』の完成披露試写会が新宿ピカデリーで行われ、主演の松田翔太、高良健吾、安藤サクラ、新井浩文、大森立嗣監督が登壇し、舞台あいさつを行いました。

    日本公開=2010年6月12日
    配給=リトルモア
    公式サイト=http://www.kjk-movie.jp/
    c2010「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」製作委員会


    史上初のぶっ壊し! を生披露……
    【『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』完成披露舞台あいさつ】の続きを読む

    6dedaa5b.jpg
    『E.T.』『チャーリーズ・エンジェル』シリーズのドリュー・バリモアが、
    青春映画『ローラーガールズ・ダイアリー』で、ついに監督デビューを果たしました!

    プロのローラーゲーム選手だった、ジョウナ・クロスの自叙伝
    『Derby Girl/ダービー・ガール』(後に『Whip It』に改題)の映像化で、
    ガールズムービーの王道ともいうべき、自分の道を見いだせずにいる少女を描きます。

    監督の感性がいかんなく発揮された、愛らしい作品に仕上がっているので、
    かつて17歳だった女子たちへ、特にオススメしたい作品です。

    原題=Whip It
    日本公開=2010年5月22日
    配給=ギャガ
    公式サイト=http://roller-girls.gaga.ne.jp/
    c 2009 BABE RUTHLESS PRODUCTIONS, LLC All Rights Reserved.


    『ローラーガールズ・ダイアリー』予告編



    【『ローラーガールズ・ダイアリー』【偏愛×溺愛映画】】の続きを読む

    このページのトップヘ