南樹里の“映画評マニエラ”

――powered by livedoor News――

    FeedWind
    [重要]移転のお知らせ

    ▼シネママニエラは移転し新しいサイトは以下となります
    約8秒後に自動的に移転します、もし移転しない場合はURLをクリック願います https://www.cinemaniera.com/
    シネママニエラ ▼お手数おかけしますが、RSSの再登録もお願いします
    https://www.cinemaniera.com/feed/

    カテゴリ:映画スター

    e8ebd087.jpg
    これまで一度も来日していない、最後の大物ハリウッド女優といわれてきたジュリア・ロバーツが、主演最新作『食べて、祈って、恋をして』のプロモーションで遂に待望の初来日を果たすことが明らかに。8月17日に日本に到着し、18日と19日の2日間、都内にて来日記者会見やプレミアイベントを行う予定だと配給会社が発表しました。
    【ジュリア・ロバーツ初来日決定で嫌日家疑惑返上?! 映画『食べて、祈って、恋をして』】の続きを読む

    ミッキー・ロークトニー・スタークを憎悪の目で見つめる男“ウィップラッシュ”を怪演したのは、ミッキー・ローク。


    写真は、12年ぶりに映画『シン・シティ』でPR来日したときのもの。
    一瞬だけサングラスをはずしたときに激写!
    きゅとかみしめた口元、つぶらな瞳がキュートです。

    80年代は映画『ナイン・ハーフ』などで、セクシー俳優として名を馳せていました。

    その後、不遇な人生を歩むことに……。

    そして、映画『レスラー』の主人公を演じ、第65回ヴェネツィア国際映画祭において、主演作の『レスラー』(監督:ダーレン・アロノフスキー)が最高賞に当たる金獅子賞を受賞しました。

    また、ミッキー・ローク自身もゴールデングローブ賞 主演男優賞(ドラマ部門)などを受賞し、アカデミー主演男優賞にノミネートされたことで、俳優として再起をはかることに成功しました。


    彼の波乱万丈の人生……

    【ミッキー・ロークにときめく映画『アイアンマン2』】の続きを読む

    3e06dbad.jpg
    プロフィール
    エレン・フィリポッツ=ペイジ/Ellen Philpotts-Page
    1987年2月21日生まれ。

    主な出演映画
    『インセプション』 Inception(2010)  ?
    『ローラーガールズ・ダイアリー』 Whip It(2009) 
    『賢く生きる恋のレシピ<未>』 Smart People(2008)
    『JUNO/ジュノ』Juno (2007) 
    『アメリカン・クライム<未>』An American Crime (2007)
    The Stone Angel (2007)
    The Tracey Fragments  (2007) 
    『X-MEN:ファイナル ディシジョン』X-Men: The Last Stand (2007)
    Mouth to Mouth
    『ハード キャンディ』Hard Candy (2005)


    エレン・ペイジの素顔?!

    『ローラーガールズ・ダイアリー』の主演は、
    『JUNO/ジュノ』でアカデミー賞の主演女優候補になったエレン・ペイジ。
    演技派のイメージが強いのですが、実はこんな素顔もあるんです。
    (本文…動画のあとに続きます)

    【エレン・ペイジの素顔?!/ローラーガールズ・ダイアリー】の続きを読む

    0e80dfd4.jpg
    『ターミネーター4』『アバター』『タイタンの戦い』と大作映画に連続出演している、サム・ワーシントン(Sam Worthington)。『タイタンの戦い』で2度目の来日を果たし、役者としての持論なども、明かしてくれました。実は、素顔はおちゃめなキャラクターだったのですが、語録はマジメにお届けします。

    オーストラリアで育った彼は、19歳の時に(当時の)彼女に誘われて、一緒にシドニーのオーストラリア国立演劇学院のオーディションを受けたことが、俳優になったきっかけ。結局、オーディションでは、サムだけが合格し、彼女とは別れちゃったそうです。

    【サム・ワーシントン来日語録/タイタンの戦い】の続きを読む

    このページのトップヘ