南樹里の“映画評マニエラ”

――powered by livedoor News――

    FeedWind
    [重要]移転のお知らせ

    ▼シネママニエラは移転し新しいサイトは以下となります
    約8秒後に自動的に移転します、もし移転しない場合はURLをクリック願います https://www.cinemaniera.com/
    シネママニエラ ▼お手数おかけしますが、RSSの再登録もお願いします
    https://www.cinemaniera.com/feed/

    カテゴリ:溺愛×偏愛シネマ

    今秋オススメの恋愛映画『親愛なるきみへ』ポスター©2010 DEAR JOHN, LLC. All rights reserved.ニコラス・スパークス著の恋愛小説「きみを想う夜空に」をハリウッドが実写映画化した、『ディアー・ジョン/Dear John』の邦題が『親愛なるきみへ』に決定し、9月23日から日本公開されることが明らかになりました。

    同氏は、異例の大ヒットを飛ばした恋愛映画『きみに読む物語』の原作者としても有名です。

    【映画『親愛なるきみへ(Dear John)』に邦題決定、9月23日公開へ】の続きを読む

    “イクメン”松ケンと芦田愛菜、身長70センチ差にほのぼの、映画『うさぎドロップ』舞台挨拶にて 6月13日、映画『うさぎドロップ』の試写会舞台挨拶が都内の映画館で行われ、出演者の松山ケンイチ、天才子役・芦田愛菜と佐藤瑠生亮、香里奈、SABU監督が登場し、作品の世界観に合った微笑ましい自然体トークを繰り広げた。

    【“イクメン”松ケンと芦田愛菜、身長70センチ差にほのぼの/映画『うさぎドロップ』試写会舞台挨拶】の続きを読む

    (c)2011「まほろ駅前多田便利軒」製作委員会映画『風が強く吹いている』も映像化された、直木賞作家・三浦しをん。彼女の同名小説を、瑛太&松田龍平という実力派俳優の主演で映像化した。そう、映画『まほろ駅前多田便利軒』は、第135回直木賞受賞作が原作のハートフルなドラマなのだ。

    主人公となるのは、30代のバツイチ男性ふたり組――多田啓介(瑛太)と行天春彦(松田龍平)。舞台は架空の街・まほろ。まほろ駅から徒歩3分(?)に位置する便利屋を舞台にした群像劇。かと思ったが、実際はふたり組の春夏秋冬―1年間―を映すものだった。

    【映画『まほろ駅前多田便利軒』なかなか見せない男性の本質が!】の続きを読む

    初共演で夫婦役を演じた水川(左)と竹野内。映画『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』完成披露試写会にてcJulie Minami5月14日公開の映画『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』完成披露試写会が東商ホールで行われ、主演の竹野内豊と水川あさみ、共演の山里亮太(南海キャンディーズ)と柄本明、そして本田隆一監督が舞台あいさつに登壇した。主演の竹野内と水川は、劇中同様の絶妙なかけあいトークを披露。その夫婦漫才のようなやりとりが、ホールを埋め尽くした多くの観客を魅了した。

    同作は、4年間の交際を経て結婚した大木信義(竹野内)と咲(水川)の新婚でありながら倦怠期なふたりが体験する、怪しげな占い師(樹木希林)に勧められて出かけた新婚旅行(1泊2日の“地獄”+温泉付き)での出来事……という、岸田國士戯曲賞を受賞した演劇界の俊英・前田司郎の小説を映像化したもの。

    【竹野内豊&水川あさみが夫婦漫才を披露/映画『大木家のたのしい旅行』完成披露舞台あいさつ】の続きを読む

    映画『八日目の?』の完成披露試写会にて、左から中島、森口、井上、永作、監督cJulie Minami4月18日、映画『八日目の?』の完成披露試写会が都内の劇場で催され、出演者の井上真央、永作博美、森口瑤子、そして成島出監督が出席し舞台あいさつを行いました。また、2010年10月下旬から耳管開放症のため、活動を休止していた中島美嘉が登場し、同作の主題歌でもある、待望の新作「Dear」を生披露。その歌声に感激した、井上真央&永作博美らが大粒の涙を見せる場面も見受けられました。 【中島美嘉の熱唱に、井上真央&永作博美ら大粒の涙!/映画『八日目の?』完成披露試写会】の続きを読む

    主演のヨアン・グリフィズc2006 BRISTOL BAY PRODUCTIONS LLC. ALL RIGHTS RESERVED.映画『アメイジング・グレイス』は、200年の時を越えて歌い継がれる名曲「アメイジング・グレイス」の誕生秘話と共に、 この曲に支えられながら歴史を動かした一人の政治家の偉大なる人生を描いた、実話に基づく感動の物語。

    【映画『アメイジング・グレイス』奴隷制廃止に尽力した実在の政治家】の続きを読む

    映画『ツーリスト』ポスター。超豪華な来日ジャパンプレミアになることでしょう!アンジェリーナ・ジョリー(アンジー)とジョニー・デップ(ジョニデ)が初共演した映画『ツーリスト』のジャパンプレミアイベントに5組10名様をご招待しま
    す!!

    【最新記事】映画『ツーリスト』来日会見を速報で


    同作は、第68回ゴールデングローブ賞において、コメディ・ミュージカル部門の主演男優賞・主演女優賞にダブルノミネートされたことでも話題となりました。

    監督には『善き人のためのソナタ』でアカデミー賞外国語映画賞受賞したドイツ人監督フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク。製作は『ディパーテッド』でアカデミー賞作品賞を受賞したグレアム・キング、脚本は『ゴスフォード・パーク』でアカデミー賞脚本賞受賞のジュリアン・フェロウズ、撮影は『イングリッシュ・ペイシェント』でアカデミー賞撮影賞受賞のジョン・シール、衣装には『シカゴ』『SAYURI』でアカデミー賞衣装デザイン賞受賞のコリーン・アトウッド、そして編集は『7月4日に生まれて』『JFK』でアカデミー賞編集賞受賞のジョー・ハッシングが担当。
    主要キャスト、スタッフの全員がアカデミー賞受賞、もしくはノミネート経験者という、まさに2大スター初共演作に相応しい超豪華なメンバーが勢ぞろいしています。
    【映画『ツーリスト』ジャパンプレミアにご招待(来日舞台挨拶つき)】の続きを読む

    528d057e.jpg
    2011年最初の月一オススメ映画です。

    厳選7作品!

    【2011年1月公開オススメ映画!【前半】】の続きを読む

    実在のボクサーを描いた映画『ザ・ファイター』に決定し3月26日より全国順次公開に!>c2010 RELATIVITY MEDIA. ALL RIGHTS RESERVED.キャストの好演により、本年度の賞レースに参戦中の伝記映画「THE FIGHTER」の邦題が、『ザ・ファイター』に決定し3月26日より全国順次公開が決定しました。

    監督は、『スリー・キングス』のデヴィッド・O・ラッセル。出演は、マーク・ウォールバーグ、クリスチャン・ベール、エイミー・アダムス、メリッサ・レオといった実力派が揃っている。

    主人公のミッキーを演じたマーク・ウォールバーグは、激しいボクシングシーンを披露。また、大幅に減量をし、髪の毛を抜き、歯並びを変えるという驚異の役作りで、薬物中毒の元実力派ボクサー・ディッキーを怪演したクリスチャン・ベール。来たる1月16日(現地時間)に受賞発表となる、ゴールデン・グローブ賞でのノミネートの他、既に22の助演男優賞を受賞しており(1月13日現在)、2011年アカデミー賞助演男優賞の最有力候補として注目を集めています。
    【『THE FIGHTER/ザ・ファイター』二人三脚で世界の頂点を目指す!】の続きを読む

    48da5aa7.jpg
    月一オススメ映画は、諸事情により、2010年10月から【前半】【後半】でお届けしております。

    前半は、厳選5作品!

    【2010年12月公開オススメ映画!【前半】】の続きを読む

    このページのトップヘ