南樹里の“映画評マニエラ”

――powered by livedoor News――

    FeedWind
    [重要]移転のお知らせ

    ▼シネママニエラは移転し新しいサイトは以下となります
    約8秒後に自動的に移転します、もし移転しない場合はURLをクリック願います https://www.cinemaniera.com/
    シネママニエラ ▼お手数おかけしますが、RSSの再登録もお願いします
    https://www.cinemaniera.com/feed/

    美少女主演!映画『ハンナ』(8/27公開)劇場鑑賞券15組30名様にプレゼント .16歳の無垢な少女ハンナ
    教えられたのは殺しだけ

     映画『つぐない』で、オスカー候補になった天才少女シアーシャ・ローナンと、同作で彼女を一躍人気女優へと押し上げたジョー・ライト監督が再びコンビを組み、前作とは打って変わったサスペンス・アクションに挑んだ!

     シアーシャ・ローナンがタイトルロールを演じるほか、アカデミー女優ケイト・ブランシェットが、ハンナの出生の秘密の鍵を握る冷徹かつ偏執的な女CIA捜査官を怪演しているのも大きな見どころ。

     また全編の音楽をグラミー賞受賞のテクノユニット「ケミカル・ブラザーズ」が手がけており、彼ら特有のビートサウンドが『ハンナ』独特の世界観を特徴づけているのも大きな話題となっています。

    【映画『ハンナ』劇場鑑賞券15組30名様にプレゼント】の続きを読む

    主題歌は、香取慎吾が“両さん”として、昭和の名曲「三百六十五歩のマーチ」をカバーすることが決定!原作は、累計1億4300万部以上の発行部数を誇る、国民的人気コミック「こちら葛飾区亀有公園前派出所」。コミック連載35周年の節目となる2011年夏、「こち亀」が映画『こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE~勝どき橋を封鎖せよ!~』となってスクリーンに登場!

    劇場公開前の試写会に、読者の皆様をご招待します。
    【映画『こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE~勝どき橋を封鎖せよ!~』試写会プレゼント】の続きを読む

    主演・原田芳雄×監督・阪本順治による映画『大鹿村騒動記』(7月16日 公開)(C)2011「大鹿村騒動記」製作委員会娯楽の原点ここにあり。涙も忘れて心が躍る、小さな村の晴れ舞台。

    主演・原田芳雄×監督・阪本順治による映画『大鹿村騒動記』が、遂に完成。本作の試写会に15組30名様をご招待します。

    名優・原田芳雄の心を魅了した伝統芸能を題材に、監督・阪本順治が人生のおかしみを込めて描く、村民たちの物語。

    長野県下伊那郡大鹿(おおしか)村でロケを敢行。さらに本作へは、大楠道代、岸辺一徳、松たか子、佐藤浩市など日本映画界屈指の俳優陣が結集。ナチュラルな演技でユーモラスな村民たちを演じるほか、彼らの魅せる大鹿歌舞伎がクライマックスを盛り上げます。
    そして主題歌となる忌野清志郎の「太陽の当たる場所」が、 “不良性”“遊び心”“情け深さ”という主演・原田芳雄のイメージに通じるカッコよさを極めます。
    【映画『大鹿村騒動記』東京試写会に15組30名様をご招待【web応募プレゼント】】の続きを読む

    平安時代にタイムスリップ!映画『鬼神伝』ポスターc高田崇史/講談社・鬼神伝製作委員会構想から7年、アニメーション超大作!

    映画『鬼神伝』劇場鑑賞券を15組30名様にプレゼントします!


    人はなぜ鬼を退治するのか?
    鬼とはいったい何者なのか・・・?

    戦いや争いがない平和な時代を舞台に、“鬼退治”に隠された歴史の裏側を描き出す。


    “ハイクオリティ”“ハイアビリティ”“ハイパーアクション”の3Hスタイルで追求した「NARUTO?ナルト」のスタッフが描く、壮大な歴史冒険アニメーション!

    劇場用アニメーションとしては、初めて描かれる時代にスポットをあて何年もリサーチを重ねながら、我々が絵本や書物でしか知り得なかった、平安時代に命を吹き込んでいる。

    声の出演=小野賢章・石原さとみ、中村獅童(特別出演)近藤 隆 森久保祥太郎 伊藤健太郎 加瀬康之 小森創介 咲野俊介 東條加那子 相ヶ瀬龍史 野島昭生 塚田正昭


    監督=川崎博嗣 
    脚本=荒川稔久、川崎博嗣
    原作=高田崇史「鬼神伝」(講談社刊) 
    絵コンテ=川崎博嗣、佐々木 守、小原秀一
    キャラクターデザイン=西尾鉄也 
    オロチコンセプトデザイン=大友克洋
    演出=古川順康 
    音楽=宇崎竜童 

    【映画『鬼神伝』劇場鑑賞券を15組30名様にプレゼント!】の続きを読む

    ベストセラー小説の映画化『八日目の蝉』は4月29日(金・祝)全国公開!直木賞作家・角田光代が手掛けた初の長編サスペンス『八日目の?』が、実写映画化されました。同作は2005年11月から読売新聞にて連載され、07年第2回中央公論文芸賞を受賞。

    各メディアから絶賛と驚愕をもって迎えられたベストセラー小説を基に、映画『孤高のメス』の成島出監督がメガホンを執った、ヒューマン・サスペンス映画『八日目の?』試写会【大阪】に、10組20名様をご招待します。 【映画『八日目の?』試写会【大阪】に10組20名様をご招待】の続きを読む

    【配給会社ソニー・ピクチャーズエンタテインメントより、お知らせ】

    3月11日に発生しました東北関東大地震により、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

    24日実施の一般試写会『世界侵略:ロサンゼルス決戦』は皆様の安全を第一に考慮させていただき、中止することを決定いたしました。

    試写会にご応募、ご当選いただきました皆様には、大変ご迷惑をおかけすることになり、誠に申し訳ありません。何卒、ご理解くださいますよう、心よりお願い申し上げます。


    ■今回中止の試写会

     作品名=『世界侵略:ロサンゼルス決戦』
     日時=3月24日(木)18時開場、18時30分開演、19時開映
     会場=よみうりホール(有楽町)

    【3月24日実施の映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』試写会(@よみうりホール)中止のお知らせ】の続きを読む

    映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』試写会に50組100名様をご招待!迫り来る 地球外侵略者にまたたく間に包囲される恐怖、あなたはこの接近戦を戦い抜けるか?

    襲撃してきた未知の生命体の侵略に立ち向かう海兵隊員たちの活躍を描く映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』は、従来のSF映画に、ドキュメンタリックな戦争映画の手法を取り入れ、リアルな地上戦がロサンゼルスを舞台に展開する。

    本作の試写会に50組100名様をご招待します。

    9月3日実施の映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』試写会プレゼントはこちら(2011年8月1日掲載)

    ※2011年3月15日追記、3月24日実施の映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』試写会(@よみうりホール)中止のお知らせ 【映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』試写会に50組100名様をご招待!】の続きを読む

    映画『ツーリスト』ポスター。超豪華な来日ジャパンプレミアになることでしょう!アンジェリーナ・ジョリー(アンジー)とジョニー・デップ(ジョニデ)が初共演した映画『ツーリスト』のジャパンプレミアイベントに5組10名様をご招待しま
    す!!

    【最新記事】映画『ツーリスト』来日会見を速報で


    同作は、第68回ゴールデングローブ賞において、コメディ・ミュージカル部門の主演男優賞・主演女優賞にダブルノミネートされたことでも話題となりました。

    監督には『善き人のためのソナタ』でアカデミー賞外国語映画賞受賞したドイツ人監督フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク。製作は『ディパーテッド』でアカデミー賞作品賞を受賞したグレアム・キング、脚本は『ゴスフォード・パーク』でアカデミー賞脚本賞受賞のジュリアン・フェロウズ、撮影は『イングリッシュ・ペイシェント』でアカデミー賞撮影賞受賞のジョン・シール、衣装には『シカゴ』『SAYURI』でアカデミー賞衣装デザイン賞受賞のコリーン・アトウッド、そして編集は『7月4日に生まれて』『JFK』でアカデミー賞編集賞受賞のジョー・ハッシングが担当。
    主要キャスト、スタッフの全員がアカデミー賞受賞、もしくはノミネート経験者という、まさに2大スター初共演作に相応しい超豪華なメンバーが勢ぞろいしています。
    【映画『ツーリスト』ジャパンプレミアにご招待(来日舞台挨拶つき)】の続きを読む

    歌姫、クリスティーナ・アギレラが女優として初出演する話題の映画『バーレスク』4度のグラミー賞受賞歴を誇る歌姫、クリスティーナ・アギレラが女優として初出演する話題の映画『バーレスク』の試写会に、20組40名様をご招待します。

    映画『バーレスク』は、セクシーなダンサーたちが、ゴージャスなショーを繰り広げる大人のためのクラブ「バーレスク・クラブ」舞台にしたエンターテインメント。

    アリ(クリスティーナ・アギレラ)は歌手になる夢を追いかけて、テス(シェール)が経営するロサンゼルスのバーレスク・クラブで働き始めることに。やがてアリの抜群の歌唱力と突出したダンスの才能が話題となり、クラブは大盛況を極める。

    【映画『バーレスク』試写会に20組40名様ご招待/クリスティーナ・アギレラ初主演】の続きを読む

    このページのトップヘ