南樹里の“映画評マニエラ”

――powered by livedoor News――

    FeedWind
    [重要]移転のお知らせ

    ▼シネママニエラは移転し新しいサイトは以下となります
    約8秒後に自動的に移転します、もし移転しない場合はURLをクリック願います https://www.cinemaniera.com/
    シネママニエラ ▼お手数おかけしますが、RSSの再登録もお願いします
    https://www.cinemaniera.com/feed/

    カテゴリ:映画で知る世界

    驚愕の真実を描く『ゼロ・ダーク・サーティ』LAプレミアに取材殺到!映画『ハート・ロッカー』でアカデミー賞作品賞・監督賞を受賞したキャスリン・ビグロー監督の最新作『ゼロ・ダーク・サーティ』のロサンゼルスプレミアが、12月10日(現地時間)にハリウッドのドルビー・シアター(旧:コダック・シアター)にて行われた。本年度の賞レースを席巻している本作とあって、オスカー最有力の作品として期待も高まっており、世界からマスコミが駆けつけた。 【驚愕の真実を描く『ゼロ・ダーク・サーティ』LAプレミアに取材殺到!】の続きを読む

    堺雅人主演 映画『ひまわりと子犬の7日間』感涙予告編をチェック!宮崎県の動物管理所を舞台に起こった実話を綴った「奇跡の母子犬」(PHP研究所)が、実写で映画化された。主演は堺雅人。宮崎を舞台とした本作では、宮崎出身の堺を筆頭に、味わい深い宮崎弁が心に残る予告編となっている。

    本作でメガホンを執ったのは、20年にわたり山田洋次監督作の共同脚本・助監督をつとめてきた平松恵美子。巨匠とともに“日本の家族”を見続けてきた女性監督が、心に残る新たな感動作を誕生させる。監督デビュー作ながら、映画『武士の一分』でも魅力的に語られていた方言を見事に生かしていることにも注目したい。
    【堺雅人主演 映画『ひまわりと子犬の7日間』感涙予告編をチェック!】の続きを読む

    『もうひとりの息子』は「互いに手を差し伸べることを描いた希望の映画」と語るロレーヌ・レヴィ監督東京サクラグランプリ受賞作『もうひとりの息子』記者会見が10月24日に行われ、ロレーヌ・レヴィ(監督/脚本)、ヴィルジニー・ラコンブ(プロデューサー)、ジュール・シトリュク(俳優)が出席した。

    『もうひとりの息子』あらすじ
    兵役用健康検査の結果、両親の実子でないことを知ったイスラエル人の青年。出生の際の手違いが明らかになり、やがてイスラエルとパレスチナふたつの家庭のアイデンティティと信念とが大きく揺さぶられる事態に発展する。 【『もうひとりの息子』は「互いに手を差し伸べることを描いた希望の映画」】の続きを読む

    29万人来場の特撮博物館・東京展が閉幕! 図録のネット通販を開始&来春国内巡回展を検討10月8日、「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」東京展が、29万人超の来場者を集め大盛況のうちに終了した。そして、多くの声に応えるべく「特撮博物館」は国内巡回展の検討を開始し、来春再開を目指すという。また、会期中に完売した特撮博物館図録のネット通販の予約を開始した。
    【29万人来場の特撮博物館・東京展が閉幕! 図録ネット通販を開始&来春国内巡回展の検討が明らかに】の続きを読む

    猟奇的な役が多かった小池栄子『ペンギン夫婦の作りかた』食べるラー油の食べ放題にご満悦東京から約2,000km離れた石垣島を舞台にした映画『ペンギン夫婦の作りかた』の完成披露試写会がユナイテッド・シネマ豊洲にて行われ、主演の小池栄子と、共演の深水元基、主題歌を担当する宮良牧子、そして平林克理監督が登壇。この日は、流行語にもなった大ヒット商品「食べるラー油」の原点である“辺銀食堂の石垣島ラー油”を生み出した、本作のモデルである辺銀(ぺんぎん)暁峰、辺銀愛理のご夫妻も駆け付けた。 【猟奇的な役が多かった小池栄子『ペンギン夫婦の作りかた』食べるラー油の食べ放題にご満悦】の続きを読む

    映画『シルク・ドゥ・ソレイユ3D 彼方からの物語』世界最速11月9日公開に!フランス語で<太陽のサーカス>を意味し、その認知度と満足度の高さは計り知れない究極のパフォーマンス集団「シルク・ドゥ・ソレイユ」が、映画『アバター』のジェームズ・キャメロンが製作、映画『ナルニア国物語』のアンドリュー・アダムソンがメガホンをとり初めて映画化され、『シルク・ドゥ・ソレイユ3D 彼方からの物語』として11月9日より公開される。しかも、今年は“日本公演20周年記念の年”ということもあり、12月の全米公開を前に、世界最速先行ロードショーになるというのだ。 【映画『シルク・ドゥ・ソレイユ3D 彼方からの物語』世界最速11月9日公開に!】の続きを読む

    ヴィン・ディーゼル、法廷闘争で自己弁護?! /映画『コネクション マフィアたちの法廷』アメリカ史上最長のマフィア裁判を完全映画化した『コネクション マフィアたちの法廷』。同作は、マフィア“ルッケーゼ・ファミリー”被告20人の法廷闘争モデルになった、実在の人物であるジャッキー・ディノーシオに服役中から直接取材することで書き上げられた脚本を、名匠シドニー・ルメット監督がリアリズムを追求した演出で、法廷劇でありながら臨場感あふれるエンターテイメント作品に仕上げている。

    【ヴィン・ディーゼル、法廷闘争で自己弁護?! エンタメ法廷劇『コネクション マフィアたちの法廷』】の続きを読む

    ネコみたいな?!市川実日子、荻上演出は「感覚キャッチボール」/映画『レンタネコ』初日舞台挨拶5月12日、映画『レンタネコ』の初日舞台あいさつがテアトル新宿にて行われ、出演者の市川実日子、草村礼子、光石研、山田真歩、そして荻上直子監督が登壇した。主演の市川は「荻上監督は、『めがね』の時と比べて『トイレット』では言葉で的確に演出していたとお聞きしていたので、今回『レンタネコ』でもきっと的確な言葉で演出されるかと思っていたら、あまり『めがね』と変わらず(笑)。感覚のキャッチボールで演出されていました」と述べると、荻上監督は「市川さんは、普通の人じゃないと思っています(笑)」と応酬。そして「その、おもしろいユニークなところが前面に出るといいなと思って、今後、間違いなく素敵な女優さんになられる一歩手前を撮らせていただきました」と語り、監督と主演間で“あ・うんの呼吸”が成立していることが伺えた。 【ネコみたいな?!市川実日子、荻上演出は「感覚キャッチボール」/映画『レンタネコ』初日舞台あいさつ】の続きを読む

    c253ed97.jpg
    一年ぶりに復活した、月一オススメ映画の2012年3月編です。

    31日公開の映画から厳選7作品!

    ※画像は映画『ルート・アイリッシュ』より

    【月一オススメ映画―2012年3月編―『ヘルプ』『ルート・アイリッシュ』『ドライヴ』『少年と自転車』ほか】の続きを読む

    a297512d.jpg
    アカデミー賞のちょっと気になる舞台裏!cA.M.P.A.S.

    これ、なーんだ?

    【ヒント】オスカー像の必需品

    答えは→
    【アカデミー賞のちょっと気になる舞台裏!オスカー像はこうして完成する】の続きを読む

    このページのトップヘ