南樹里の“映画評マニエラ”

――powered by livedoor News――

    FeedWind
    [重要]移転のお知らせ

    ▼シネママニエラは移転し新しいサイトは以下となります
    約8秒後に自動的に移転します、もし移転しない場合はURLをクリック願います https://www.cinemaniera.com/
    シネママニエラ ▼お手数おかけしますが、RSSの再登録もお願いします
    https://www.cinemaniera.com/feed/

    タグ:さだまさし

    映画『アントキノイノチ』の完成記者会見にて、(左より)瀬々、松坂、岡田、榮倉、原田。撮影:南樹里8月10日、映画『アントキノイノチ』の完成記者会見がホテルニューオータニで行われ、キャストの岡田将生、榮倉奈々、原田泰造、松坂桃李、そして瀬々敬久監督が登壇した。

    完成作を観た原田は「岡田君と榮倉さんを抱きしめたくなる」と2人の演技を絶賛、なおかつ「手前味噌ですが、その2人を見守る役柄の自分のことも抱きしめたくなりました」とコメントし会場の笑いを誘った。すると今度は瀬々監督が「原田さんは佇まいが役者」だと嗟嘆。第35回モントリオール国際映画祭のコンペティション部門に出品される本作、映画『おくりびと』に次ぐ朗報も期待できそうだ。

    本作は、生きることに絶望を感じた男女が遺品整理業という職に就き、遺されしモノに触れ、命の重さを再認識し、生きる勇気を取り戻す様を描く感動作。映画『精霊流し』『解夏』『眉山』に続く、さだまさし著の同名小説の映像化、第4弾となる。主題歌は、「GReeeeN」の新曲「恋文~ラブレター~」に決定している。

    【岡田将生と榮倉奈々を抱きしめたくなる、映画『アントキノイノチ』完成記者会見】の続きを読む

    ユニフォーム姿の榮倉奈々、岡田将生、原田泰造c2011映画「アントキノイノチ」製作委員会“命”というテーマと向かい合い続けてきた映画『余命1ヶ月の花嫁』『Life 天国で君に逢えたら』の製作チームが、さだまさし著「アントキノイノチ」を映像化。

    主演を務めるのは、映画『告白』『悪人』『雷桜』などで躍進中の岡田将生と、映画『余命1ヶ月の花嫁』の榮倉奈々。ふたりは本作で初共演となる。

    【岡田将生&榮倉奈々、映画『アントキノイノチ』で遺品整理業に!撮影現場写真を初公開】の続きを読む

    このページのトップヘ