映画『ドラゴン・タトゥーの女』のデヴィッド・フィンチャー監督「原作を自分なりに解釈した」本年度アカデミー賞では5部門にノミネーションされている映画『ドラゴン・タトゥーの女』のデヴィッド・フィンチャー監督と、本作でヒロインのリスベットを演じ主演女優賞にノミネートされたルーニー・マーラが、来日し記者会見に出席した。なお、フィンチャー監督は、映画『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』以来2年ぶり3度目の来日、ルーニーは今回が初来日となった。

【映画『ドラゴン・タトゥーの女』のデヴィッド・フィンチャー監督「原作を自分なりに解釈した」】の続きを読む