南樹里の“映画評マニエラ”

――powered by livedoor News――

    FeedWind
    [重要]移転のお知らせ

    ▼シネママニエラは移転し新しいサイトは以下となります
    約8秒後に自動的に移転します、もし移転しない場合はURLをクリック願います https://www.cinemaniera.com/
    シネママニエラ ▼お手数おかけしますが、RSSの再登録もお願いします
    https://www.cinemaniera.com/feed/

    タグ:スタジオジブリ

    高畑勲、朝倉あき、高良健吾[シネママニエラ]14年ぶりに新作を発表した高畑勲監督のスタジオジブリ最新作『かぐや姫の物語』の完成報告会見が11月7日、都内のホテルで行われた。ヒロインかぐや姫の声を担当した朝倉あき、高良健吾、宮本信子、田畑智子、宇崎竜童、上川隆也、朝丘雪路、主題歌「いのちの記憶」を歌う二階堂和美、脚本の坂口理子、そして高畑監督が出席した。

    【高畑勲監督『かぐや姫の物語』日本アニメを一歩進める作品が完成した!】の続きを読む

    高良健吾[シネママニエラ]14年ぶりに新作を発表した高畑勲監督のスタジオジブリ最新作『かぐや姫の物語』の完成報告会見が11月7日、都内のホテルで行われた。ヒロインかぐや姫の声を担当した朝倉あき、高良健吾、宮本信子、田畑智子、宇崎竜童、上川隆也、朝丘雪路、主題歌「いのちの記憶」を歌う二階堂和美、脚本の坂口理子、そして高畑監督が出席した。

    【高良健吾『かぐや姫の物語』では大好きなジブリ作品で空を飛べてうれしい】の続きを読む

    aki_asakura[シネママニエラ]高畑勲監督14年ぶりの新作アニメーション映画『かぐや姫の物語』で、ヒロインのかぐや姫の声を務めた女優の朝倉あきが、スタジオジブリの西村義明プロデューサー(以下、西村P)と鈴木敏夫プロデューサー(以下、鈴木P)と一緒に中間報告会見に出席し、印象的なセリフを発した際の心境などを語った。

    【『かぐや姫の物語』朝倉あき「わたしは誰の者にもならない」心境を語る】の続きを読む

    風立ちぬ[シネママニエラ]9月11日、宮崎駿監督最後の映画作品『風立ちぬ』が、公開から54日間の累計で観客動員数800万人、興行収入100億円を突破したと配給の東宝が発表した。

    【『風立ちぬ』興行収入100億円を突破!】の続きを読む

    ジブリ映画『かぐや姫の物語』[シネママニエラ]巨匠・高畑勲、14年ぶりの最新作『かぐや姫の物語』の公開初日が11月23日(祝・土)に決定した。1988年公開の『火垂るの墓』『となりのトトロ』から25年となる2013年は高畑 勲監督と宮崎 駿監督という両監督の作品が公開される奇跡のジブリイヤー。先陣を切って、7月20日に公開された宮崎 駿監督の『風立ちぬ』は観客動員数500万人を突破し現在も大ヒット公開中だ。

    【ジブリ映画『かぐや姫の物語』高畑勲監督14年ぶり新作、11月23日公開決定】の続きを読む

    イオンシネマ浦和美園の巨大壁画[シネママニエラ] 1988年公開の『火垂るの墓』『となりのトトロ』から25年を迎えるスタジオジブリの歴代キャラクターが巨大壁画となって全国のイオンシネマに登場することが発表された。

    続きは http://www.cinemaniera.com/?p=813

    ジブリ×エヴァ?!宮崎駿『風立ちぬ』声優の庵野秀明に「存在感を出足て」とリクエスト[シネママニエラ] 7月20日公開のスタジオジブリ最新作『風立ちぬ』は、5年ぶり宮崎駿監督による一人の青年技師・堀越二郎の半生の物語。その主人公・二郎の声優に、あの『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズの監督としても有名な庵野秀明が起用され、このほどそのアフレコの様子が明かされた。

    【ジブリ×エヴァ?! 宮崎駿『風立ちぬ』声優の庵野秀明に「存在感を出して」とリクエスト】の続きを読む

    2013年夏のスタジオジブリは高畑勲監督作『かぐや姫の物語』×宮崎駿監督作『風立ちぬ』12月13日、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー(以下、鈴木P)による会見が行われ、2013年夏のスタジオジブリ最新作は『かぐや姫の物語』と『風立ちぬ』という2作品の同日公開決定が発表された。


    高畑勲監督作『かぐや姫の物語』は、『となりの山田くん』(99)以来、同監督14年ぶりの新作。それについて鈴木Pは、「実際にかぐや姫を映画化しようと思ったのは2005年だったと思います。作品自体はそんな長いものになるとは思ってなかったんです。やったとしても、もしかしたら30分くらいじゃないかと。それが高畑さんの手にかかると、かぐや姫の身に何が起こったのか、何を思ったのか。それをちゃんと描くことで、ちゃんと(長編)映画になる。しかし、最初に出てきたシナリオを読むと、(映画にしたら)3時間半かかるものだったんです(笑)ちなみに『となりの山田くん』の時は7時間半でした(笑)足かけ7年、僕もこんなに時間がかかるとは思ってもいませんでした。しかし、書かれた脚本はとても素晴らしいもので、初めて読んだ時の感想は、「『アルプスの少女ハイジ』を日本でやると、こうなるんだな」と思いました」と語った。先に声を収録し後から画を作るプレスコという手法で制作され、すでに声録りは終えているという。

    【2013年夏のスタジオジブリは高畑勲監督作『かぐや姫の物語』×宮崎駿監督作『風立ちぬ』】の続きを読む

    29万人来場の特撮博物館・東京展が閉幕! 図録のネット通販を開始&来春国内巡回展を検討10月8日、「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」東京展が、29万人超の来場者を集め大盛況のうちに終了した。そして、多くの声に応えるべく「特撮博物館」は国内巡回展の検討を開始し、来春再開を目指すという。また、会期中に完売した特撮博物館図録のネット通販の予約を開始した。
    【29万人来場の特撮博物館・東京展が閉幕! 図録ネット通販を開始&来春国内巡回展の検討が明らかに】の続きを読む

    映画『コクリコ坂から』DVD発売記念で美術展を開催c2011高橋千鶴・佐山哲郎・GNDHDDT6月20日、映画『コクリコ坂から』DVD&ブルーレイディスクが、“ジブリがいっぱいCOLLECTION”最新作として発売することが決定し、記念となる「コクリコ坂から展」が物語の舞台である横浜で開催されることが発表された。
    【映画『コクリコ坂から』DVD発売記念 横浜と大阪で美術展開催/トトロのフォトスポットも登場!】の続きを読む

    このページのトップヘ