スピルバーグ初のフルデジタル3Dにコメント!監督スティーヴン・スピルバーグ×製作ピーター・ジャクソンの超大作『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』が、2011年12月1日に公開されることが決定した。

スピルバーグは、自身初のフルデジタル3Dに臨んだことに対してコメントを発表。

「私が29年間、ずっと願い続けてきた「タンタンの冒険」の映画化が、ついに実現しました。この物語の世界観と、タンタンのイメージを壊さないために、初めてフルデジタル3D映画に挑戦しています。日本の皆さんに素晴らしい体験をお届けするまで、楽しみに待っていてください」

そんな本作の内容を少しばかり・・・。

【映画『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』が12月1日公開! スピルバーグ初のフルデジタル3Dを語る】の続きを読む