南樹里の“映画評マニエラ”

――powered by livedoor News――

    FeedWind
    [重要]移転のお知らせ

    ▼シネママニエラは移転し新しいサイトは以下となります
    約8秒後に自動的に移転します、もし移転しない場合はURLをクリック願います https://www.cinemaniera.com/
    シネママニエラ ▼お手数おかけしますが、RSSの再登録もお願いします
    https://www.cinemaniera.com/feed/

    タグ:ドラゴン・タトゥーの女

    オスカー候補女優ルーニー・マーラが、奇才フィンチャー監督にかわゆく猫パンチ!「ルーニー・マーラ」という女優の名前は、映画『ドラゴン・タトゥーの女』の1作で忘れられなくなるだろう。同作で彼女が演じたリスベット・サランデルは、女優ゴコロをくすぐるキャラクター。おそらく、映画『ベティ・ブルー』のベティと同じぐらい、女優ならば演じてみたい役柄なのだ。そのようなリスクを伴うリスベットという役柄に、全身全霊を注いだルーニー、彼女が本年度のアカデミー賞主演女優賞にノミネートしたのも当然と言えるだろう。

    ――リスベット役のなごり。左の耳たぶに、3つ並んだピアス跡が!――
    【オスカー候補女優ルーニー・マーラが、奇才フィンチャー監督にかわゆく猫パンチ!/映画『ドラゴン・タトゥーの女』来日会見】の続きを読む

    映画『ドラゴン・タトゥーの女』のデヴィッド・フィンチャー監督「原作を自分なりに解釈した」本年度アカデミー賞では5部門にノミネーションされている映画『ドラゴン・タトゥーの女』のデヴィッド・フィンチャー監督と、本作でヒロインのリスベットを演じ主演女優賞にノミネートされたルーニー・マーラが、来日し記者会見に出席した。なお、フィンチャー監督は、映画『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』以来2年ぶり3度目の来日、ルーニーは今回が初来日となった。

    【映画『ドラゴン・タトゥーの女』のデヴィッド・フィンチャー監督「原作を自分なりに解釈した」】の続きを読む

    ダニエル・クレイグ(後)とルーニー・マーラ米国リメイク版『ドラゴン・タトゥーの女』過激ポスターが話題になっています。

    先日、公式予告編をお伝えしましたが、その翌日には、海外サイトでこのようなポスターが披露されました。

    あまりに過激で自主規制をしたサイトもあったようです。

    【米国リメイク版『ドラゴン・タトゥーの女』過激ポスターが話題に】の続きを読む

    米国リメイク版『ドラゴン・タトゥーの女』公式予告編がネットに登場しました。

    【米国リメイク版『ドラゴン・タトゥーの女』公式予告編がネットに登場】の続きを読む

    このページのトップヘ