第84回アカデミー賞主演女優賞を受賞したメリル・ストリープが来日映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』で、“鉄の女”マーガレット・サッチャーを演じ第84回アカデミー賞主演女優賞を受賞したメリル・ストリープとフィリダ・ロイド監督が揃って来日し、プレミア試写会舞台あいさつと記者会見に登壇した。

オスカー史上最多の17回ノミネートと、3度のオスカー像を与えられた稀代の女優。それだけで、どれだけ威厳に満ちた人物かと思われがちだが、素顔のメリルは穏やかで心の広い人という印象。劇中では、認知症となり表舞台に立つことがなくなったサッチャー女史が人生を振り返るため、約40年の歳月を演じたメリルは「40年の歳月をチームでつくった」と、団結力をアピールした。 【メリル・ストリープ「40年の歳月をチームでつくった」 /映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』来日会見】の続きを読む