南樹里の“映画評マニエラ”

――powered by livedoor News――

    FeedWind
    [重要]移転のお知らせ

    ▼シネママニエラは移転し新しいサイトは以下となります
    約8秒後に自動的に移転します、もし移転しない場合はURLをクリック願います https://www.cinemaniera.com/
    シネママニエラ ▼お手数おかけしますが、RSSの再登録もお願いします
    https://www.cinemaniera.com/feed/

    タグ:マーティン・スコセッシ

    レオナルド・ディカプリオ[シネママニエラ]2014年最初の大物スターの来日が発表された。アカデミー賞ノミネートが発表され、作品賞、主演男優賞(レオナルド・ディカプリオ)、監督賞(マーティン・スコセッシ監督)、助演男優賞(ジョナ・ヒル)、脚色賞の主要5部門でノミネートされた『ウルフ・オブ・ウォールストリート』からディカプリオ&スコセッシ&ジョナ・ヒルが揃って来日する! 

    【ディカプリオ&スコセッシ&ジョナ・ヒル『ウルフ・オブ・ウォールストリート』PR来日決定】の続きを読む

    ジョナ・ヒルとレオナルド・ディカプリオ[シネママニエラ]レオナルド・ディカプリオとマーティン・スコセッシ監督が5度目のタッグを組んだ最新作『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のニューヨークプレミアが12月17日(現地時間)、米国ニューヨークのジーグフェルド・シアターで開かれ、主演のレオナルド・ディカプリオ、マーティン・スコセッシ監督、ジョナ・ヒル、マシュー・マコナヒーらが登場した。

    【レオナルド・ディカプリオ「本当にやりたいと願ってきた作品」をお披露目!】の続きを読む

    マーティン・スコセッシ監督「3Dのタブーに挑んだ」/映画『ヒューゴの不思議な発明』来日会見本年度アカデミー賞で最多11部門にノミネートされた映画『ヒューゴの不思議な発明』。2月16日、ザ・リッツカールトン東京で行われた来日記者会見にマーティン・スコセッシ監督が出席し、同作は「一度でいいから娘のために作品を作って」と愛妻から言われたことがきっかけで製作されたことや、キャリア初の3D撮影について「タブーに挑んだ」ことを明かした。

    【マーティン・スコセッシ監督「3Dのタブーに挑んだ」/映画『ヒューゴの不思議な発明』来日会見】の続きを読む

    マーティン・スコッセッシ監督の3D冒険ファンタジー映画『ヒューゴ』の海外版ポスター一昨日は、映画『シャーロック・ホームズ: ア・ゲーム・オブ・シャドーズ』(原題)の予告編をご紹介しましたが、そのホームズの相棒(?)ワトソン役のジュード・ロウが父親役を演じた映画『ヒューゴ』(原題)の予告編を見つけました。

    といっても、主人公はヒューゴという名の少年。ヒューゴの父役がジュードです。それでもって、映画『キック・アス』『モールス』のクロエ・モレッツがヒューゴと……という役柄で出演しています。

    【『ヒューゴ』予告編、マーティン・スコセッシ監督の3D冒険ファンタジー】の続きを読む

    赤い靴の運命を背負って踊り続けるヒロイン バレエ映画の金字塔『赤い靴』が、巨匠マーティン・スコセッシ監督の監修のもと、オリジナル・ネガの修復を2年がかりで作業して映像美が蘇り、映画『赤い靴:デジタルリマスター・エディション』として、7月2日より公開されます。

     2009年カンヌ国際映画祭で、スコセッシの挨拶とともに世界初公開され話題になった同作が、いよいよ待望の日本上陸。

     日本のみならず、世界でも大ヒット中の映画『ブラック・スワン』は、バレエを題材にしたナタリー・ポートマンの本年度アカデミー賞主演女優賞受賞作として若い女性を中心に“ブラック・スワン現象”とも呼ばれる異例の大ヒット中。絶妙のタイミングで公開になります。
    【巨匠スコセッシが監修、バレエ映画の金字塔『赤い靴』が7月2日公開へ】の続きを読む

    映画『オフサイド・ガールズ』のPRで来日したジャファール・パナヒ監督。撮影=Julie Minami人権団体のアムネスティ・インターナショナルが、オスカー監督のマーティン・スコセッシ、そしてポール・ハギス監督。またオスカー俳優のショーン・ペン、映画プロデューサーのハーベイ・ワインスタインとともに、イランの映画監督ジャファール・パナヒに対する擁護を改めて表明しました。

    パナヒ監督は、映画監督として表現の自由という権利を行使したことが、反体制的なプロパガンダだとみなされ、禁固6年の有罪判決がくだされています。

    擁護派の中心的存在は、マーティン・スコセッシ監督と、映画『ミリオンダラー・ベイビー』の脚本家で、『クラッシュ』で映画監督デビューし、オスカーを受賞したポール・ハギス監督。
    ハギス監督は「もしも自分が映画製作において、当局からそのような判決を受けたら、(映画界の)仲間に声をあげてもらいたいと思った」とコメント。 【スコセッシ&ショーン・ペンら、イランのジャファール・パナヒ監督擁護を表明】の続きを読む

    このページのトップヘ