映画『アメイジング・スパイダーマン』は「未来を見据えた新しい物語」と来日会見でPR!日本では、6月23日、24日に世界最速の3D限定先行上映が行われる映画『アメイジング・スパイダーマン』の来日記者会見が行われ、出演者のアンドリュー・ガーフィールド、エマ・ストーン、リース・イーヴァンスとマーク・ウェブ監督やプロデューサーのアヴィ・アラド、マット・トルマックが、新シリーズ第1弾について「未来を見据えた新しい物語」だと熱く語った。

本作は、両親が幼いときに謎の失踪をとげて以来、ベンとメイの伯父夫婦に育てられてきた高校生ピーター・パーカーの秘密に迫るもの。そんなピーターを演じるのは若手演技派俳優のアンドリューだ。「僕は3歳の頃からの大ファンで、このキャラクターが動く姿を3Dで観られるのは本当に素晴らしいアイディアだと思う。観ていると自分が飛んでいるような興奮を覚えたし。彼の役割、困難、犠牲、探究、そして運命が、今の僕の人生をかたちづくったとも言えるくらい重要なキャラクターなので、(旧シリーズでピーターを演じた)トビー(・マグワイア)の仕事を継げたのも名誉なこと」だとイッキに述べたが、日本語に訳されるとあまりの長さに驚き顔に。すぐさま通訳に日本語で何というのかを確認し「(長いコメントで)ごめんなさい」と日本語で謝罪してみせた。

【映画『アメイジング・スパイダーマン』は「未来を見据えた新しい物語」と来日会見でPR!】の続きを読む