南樹里の“映画評マニエラ”

――powered by livedoor News――

    FeedWind
    [重要]移転のお知らせ

    ▼シネママニエラは移転し新しいサイトは以下となります
    約8秒後に自動的に移転します、もし移転しない場合はURLをクリック願います https://www.cinemaniera.com/
    シネママニエラ ▼お手数おかけしますが、RSSの再登録もお願いします
    https://www.cinemaniera.com/feed/

    タグ:一枚のハガキ

    新藤兼人監督が心情を吐露、映画人生“最後”の初日舞台挨拶/『一枚のハガキ』8月6日、御年99歳、日本最高齢の新藤兼人監督作『一枚のハガキ』の初日舞台挨拶がテアトル新宿にて行われ、キャストの豊川悦司、大竹しのぶ、柄本明、倍賞美津子、津川雅彦、そして新藤監督が登壇しました。

    新藤監督にとって、この日が映画人生最後となる初日舞台挨拶だけに、「この映画は私が98歳で撮った作品ですが、自分の人生の終わりに“終わりの映画を一本作っておきたい”と思って、皆さんに集まって頂きました。私の力というより、皆さんの力が大きい。そんな作品です」と述べた。

    【新藤兼人監督が心情を吐露、映画人生“最後”の初日舞台挨拶/『一枚のハガキ』】の続きを読む

    新藤兼人監督の映画『一枚のハガキ』より。(C)2011「一枚のハガキ」近代映画協会/渡辺商事/プランダス4月22日、米国ニューヨークのブルックリンにあるBAMシネマテークにて開催される「新藤兼人監督回顧展」(4月22日から5月5日まで @BAM Rose Cinema)にて、最新作である『一枚のハガキ』がプレミア上映されることが決定しました。また、本回顧展は、オスカー俳優のベニチオ・デル・トロが発起人となって実現されたことが明かされました。

    なおオープニング初日である4月22日は、奇しくも新藤監督99歳のお誕生日です!

    【米国で新藤兼人監督の回顧展開催! 発起人はオスカー俳優】の続きを読む

    新藤兼人監督が新作をひっさげての来場です!10月23日、第23回東京国際映画祭が、東京・六本木ヒルズで開幕。

    現在98歳で日本最高齢の現役映画監督といわれる新藤兼人監督(映画『一枚のハガキ』)は、お孫さんであり映画監督の新藤風さんと共に登場。カメラマンが声をかけると目線を配り、手を振るサービスも行っていました。

    第23回東京国際映画祭
    2010年10月23日[土]~10月31日[日]9日間開催
    http://www.tiff-jp.net/ja/
    【第23回東京国際映画祭開幕!98歳現役映画監督が参加】の続きを読む

    このページのトップヘ