南樹里の“映画評マニエラ”

――powered by livedoor News――

    FeedWind
    [重要]移転のお知らせ

    ▼シネママニエラは移転し新しいサイトは以下となります
    約8秒後に自動的に移転します、もし移転しない場合はURLをクリック願います https://www.cinemaniera.com/
    シネママニエラ ▼お手数おかけしますが、RSSの再登録もお願いします
    https://www.cinemaniera.com/feed/

    タグ:三谷幸喜

    種田陽平と三谷幸喜 [シネママニエラ]この秋、美術監督・種田陽平が手掛けた映画美術とヒットメーカー・三谷幸喜映画の世界観を体感できる「種田陽平による三谷幸喜映画の世界観展」が、東京・上野の森美術館で催される。開幕にあたって種田陽平と三谷幸喜が出席したオープニングセレモニーでは、歴史エンタテイメント映画『清須会議』に登場する清須城の製作秘話が明かされた。

    【三谷幸喜「種田陽平は僕の映画の先生。すべてをぬすみたい」と称賛】の続きを読む

    深津絵里、映画『ステキな金縛り』完成会見&舞台あいさつにて。撮影:南 樹里9月21日、映画『ステキな金縛り/ONCE IN A BLUE MOON』の完成会見と試写会舞台あいさつが六本木で行われ、深津絵里、西田敏行、阿部寛、竹内結子、浅野忠信、KAN、木下隆行(TKO)、生瀬勝久、中井貴一、そして三谷幸喜監督が出席した。深津は「(本作で)コメディの真髄を学べた」と満面の笑みを見せた。その深津の撮影現場の姿を見て「(可愛くて)たまらないな」と思っていたのは、ほかでもない竹内だった。

    本作は、三谷印映画の第5弾にして生誕50周年記念作。妻の殺害容疑をかけられた男の弁護を依頼された女性弁護士・エミ(深津)が、彼の無罪を証明するために落ち武者の幽霊・六兵衛(西田)を証言台に立たせることを思いつく、という法廷コメディ。三谷監督は「今年は5という数字に縁がある。50歳になりました。5本目の監督作です。そして今年5月に離婚し、今5か月が経ちました。体重は5キロ痩せ、5キロ戻り…」と5づくしを述べ、本作の興行収入「目標は50億円。欲を言えば、55億5,555万5,555円!」と宣言した。

    【深津絵里、西田敏行と三谷幸喜から“コメディの真髄を学べた”と満面の笑み/映画『ステキな金縛り』完成会見&舞台挨拶】の続きを読む

    このページのトップヘ