南樹里の“映画評マニエラ”

――powered by livedoor News――

    FeedWind
    [重要]移転のお知らせ

    ▼シネママニエラは移転し新しいサイトは以下となります
    約8秒後に自動的に移転します、もし移転しない場合はURLをクリック願います https://www.cinemaniera.com/
    シネママニエラ ▼お手数おかけしますが、RSSの再登録もお願いします
    https://www.cinemaniera.com/feed/

    タグ:大沢たかお

    周防正行監督、役所×草刈主演の映画『終の信託』で道義を問う刑事裁判のシステムを題材にした映画『それでもボクはやってない』の周防正行監督による、終末医療と尊厳死をテーマにした最新作『終(つい)の信託』が完成し、出演者の役所広司、草刈民代、大沢たかお、細田よしひことともに完成披露会見と舞台あいさつ登壇し、同作への思いを語った。

    【周防正行監督、役所×草刈主演の映画『終の信託』で道義心を問う】の続きを読む

    宮崎あおい『おおかみこどもの雨と雪』大ヒット御礼舞台あいさつにて公開17日間で観客動員数135万人を超えた映画『おおかみこどもの雨と雪』大ヒット御礼舞台あいさつが東京・有楽座にて行われ、声を務めた宮崎あおい、大沢たかお、そして細田守監督が登壇した。宮崎は「今まで(細田)監督が作ってこられた作品があったからこそ」と、映画『時をかける少女』『サマーウォーズ』と本作により着実にファン層を広げている監督を労う場面も。

    大ヒットの要因を問われた宮崎は、「今まで監督が作ってこられた作品があったからこそ。(本作では)親子の普遍的なテーマを描いている部分もあるので世代を問わず共感していただけているのかなと思います」と分析。一方、大沢は「僕は細田監督の一ファンであり、(観客として)映画館に行くほど。どこが?と言われると困るけれど、すごく好きなんです。この作品を観て心が綺麗になった感じがしたので、僕はそういうところがすごく好き。『皆さんはどんなところが好きなのかな?』と想像しています」と、客席に笑顔で語りかけた。

    【狼男ブーム到来?! 宮崎あおい&大沢たかお『おおかみこどもの雨と雪』大ヒット要因を語る】の続きを読む

    宮崎あおいと子供たち “いい人”大沢たかおをベタ褒め/映画『おおかみこどもの雨と雪』舞台あいさつ6月18日、映画『おおかみこどもの雨と雪』ジャパンプレミアが、東京国際フォーラムにて行われ、宮崎あおい、大沢たかお、黒木華、西井幸人、大野百花、加部亜門、細田守監督が揃って登壇。舞台あいさつでは、キャスト陣に芽生えた家族の絆が伺いしれる、ほのぼのとしたものだった。

    同作は細田監督によるオリジナルストーリーで、原作本も同時期に刊行している。女子大生の花(宮崎)が、おおかみおとこ(大沢)と出会い恋に落ち、ふたりの子ども雨と雪を授かり、子育てに奮闘し成長を見守るという13年間を描くもの。そして、この日は、作品の世界観を再現し、ステージ上に雨と雪を降らせ、登壇者が相合傘で登場するという演出。

    【宮崎あおい&子供たち、大沢たかおをベタ褒め/映画『おおかみこどもの雨と雪』ジャパンプレミア】の続きを読む

    このページのトップヘ