南樹里の“映画評マニエラ”

――powered by livedoor News――

    FeedWind
    [重要]移転のお知らせ

    ▼シネママニエラは移転し新しいサイトは以下となります
    約8秒後に自動的に移転します、もし移転しない場合はURLをクリック願います https://www.cinemaniera.com/
    シネママニエラ ▼お手数おかけしますが、RSSの再登録もお願いします
    https://www.cinemaniera.com/feed/

    タグ:小雪

    小雪ママ、本音で子育てを語る/映画『ALWAYS三丁目の夕日'64』ママさん上映会2月22日、映画『ALWAYS三丁目の夕日'64』“ママさん上映会”が、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて開催され、1月5日にご長男を出産した新米ママの小雪と山崎貴監督によるトークショーが行われた。生後5か月から6歳の子どもとママが一緒に劇場で映画を観賞する機会とあって、乳幼児の声が飛び交うほのぼのとした雰囲気の中、小雪は「赤ちゃんの要求にどう対応すればいいか模索している状態。母の偉大さを痛感しています」などと本音で子育てを語った。

    同作は『ALWAYS 三丁目の夕日』『ALWAYS 続・三丁目の夕日』に続く、昭和の東京を舞台にしたヒューマン・ドラマの第3弾。ヒロミ(小雪)は東大卒の小説家・茶川竜之介(吉岡秀隆)の妻で、茶川商店の一部を改装した居酒屋「新やまふじ」のおかみとして働き、一家の生活を支え内助の功を発揮する。

    【小雪「母の偉大さを痛感」本音で子育てを語る/映画『ALWAYS三丁目の夕日'64』ママさん上映会】の続きを読む

    マーティン・スコセッシ監督「3Dのタブーに挑んだ」/映画『ヒューゴの不思議な発明』来日会見本年度アカデミー賞で最多11部門にノミネートされた映画『ヒューゴの不思議な発明』。2月16日、ザ・リッツカールトン東京で行われた来日記者会見にマーティン・スコセッシ監督が出席し、同作は「一度でいいから娘のために作品を作って」と愛妻から言われたことがきっかけで製作されたことや、キャリア初の3D撮影について「タブーに挑んだ」ことを明かした。

    【マーティン・スコセッシ監督「3Dのタブーに挑んだ」/映画『ヒューゴの不思議な発明』来日会見】の続きを読む

    映画『探偵はBARにいる』でオーラ全開の美女・沙織を演じた小雪。ほか写真3点、撮影:南樹里8月17日、映画『探偵はBARにいる』完成披露試写会が催され、出演者の大泉洋、松田龍平、小雪、そして橋本一監督が登壇し舞台あいさつを行った。

    大泉は最近のTwitterのつぶやきに端を発する問題を引き合いにし、「この映画を見て、感想をつぶやくことは何の問題もございません!」と客席に語りかけた。それに「この映画がヒットするか否か、本日ご覧いただいた皆様のクチコミにかかっています」と強調。なおかつ「続編ではオールスタントで撮影し、それをウリにします!」と宣言していた。

    【大泉洋、Twitter「問題ございません」と容認/映画『探偵はBARにいる』完成披露試写会】の続きを読む

    このページのトップヘ