南樹里の“映画評マニエラ”

――powered by livedoor News――

    FeedWind
    [重要]移転のお知らせ

    ▼シネママニエラは移転し新しいサイトは以下となります
    約8秒後に自動的に移転します、もし移転しない場合はURLをクリック願います https://www.cinemaniera.com/
    シネママニエラ ▼お手数おかけしますが、RSSの再登録もお願いします
    https://www.cinemaniera.com/feed/

    タグ:役所広司

    渇き。[シネママニエラ]映画配給会社ギャガのラインナップ発表会が3月6日に行われ、「第3回このミステリーがすごい!大賞」を受賞した深町秋生著「果てしなき渇き」を実写映画化した『渇き。』の役所広司、小松菜奈、そして中島哲也監督が出席し同作を語った。

    【中島哲也監督『渇き。』の役所広司と小松菜奈にベタ惚れ!】の続きを読む

    周防正行監督、役所×草刈主演の映画『終の信託』で道義を問う刑事裁判のシステムを題材にした映画『それでもボクはやってない』の周防正行監督による、終末医療と尊厳死をテーマにした最新作『終(つい)の信託』が完成し、出演者の役所広司、草刈民代、大沢たかお、細田よしひことともに完成披露会見と舞台あいさつ登壇し、同作への思いを語った。

    【周防正行監督、役所×草刈主演の映画『終の信託』で道義心を問う】の続きを読む

    第24回東京国際映画祭記者会見より9月21日、第24回東京国際映画祭の記者会見が六本木アカデミーヒルズにて行われ、映画祭の中核をなすコンペティション部門は76か国975本のエントリーの中から選出された15本が発表された。また、審査委員長にはプロデューサーのエドワード・R・プレスマンが決定したことも明かされた。

    本年の特色として。東日本大震災を受け、人に夢と希望を与える素晴らしい芸術文化である映画を通して、喜びや感動、勇気を届け日本の復興に貢献するための「TIFF ARIGATOプロジェクト」。そしてTIFF応援団として、若手俳優による“TIFF BOYS”の結成とお披露目。また、スマートフォン時代を象徴するFACEBOOKやTwitterといったソーシャルメディアを使い情報発信を実施していく、とのこと。
    【役所広司「特別な年になりそうな気がします」/第24回東京国際映画祭記者会見】の続きを読む

    玉木(左)と香川、c「聯合艦隊司令長官 山本五十六」製作委員会空前の歴史スペクタクル超大作『聯合(れんごう)艦隊司令長官 山本五十六』で、主演の役所広司と対峙する配役が、玉木宏と香川照之だということが明らかになった。 【映画『聯合艦隊司令長官 山本五十六』に、玉木宏、香川照之が出演!気になる内容は?】の続きを読む

    12月23日公開予定の映画『聯合(れんごう)艦隊司令長官 山本五十六』クラインクイン!5月15日、日本を代表する名優・役所広司が、連合艦隊司令長官・山本五十六を演じる、映画『聯合(れんごう)艦隊司令長官 山本五十六』がクランクイン。メガホンを執るのは映画『八日目の?』『孤高のメス』の成島出監督。

    成島監督は、「(自分の)監督デビュー作『油断大敵』でご一緒したあと、ずっと役所さんと次は何ができるか考えていました。山本五十六さんという人間を現在に蘇らせることのできる俳優は、役所広司さんしかいないと信じています。役所さんと一緒に、あの戦争、あの時代の真実を解き明かすことが、大切なものを守る希望の光につながると信じています」と述べた。

    【役所広司が山本五十六に!映画『聯合艦隊司令長官 山本五十六』】の続きを読む

    001f9ae0.jpg
    2010年の日本映画界は、時代劇ブームが到来しています。そこで、注目の3作品の記者会見を連続でお届けします。第3弾は、トリを飾るにふさわしい『最後の忠臣蔵』です。


    赤穂四十七士の討ち入り後の知られざる物語を綴った、池宮彰一郎の人気小説を映画化した『最後の忠臣蔵』の完成報告記者会見が、帝国ホテルで行われ、主演の役所広司と佐藤浩市、桜庭ななみ、片岡仁左衛門、そして杉田成道監督と製作総指揮のウイリアム・アイアトンが出席しました。

    【映画『最後の忠臣蔵』完成報告記者会見】の続きを読む

    このページのトップヘ