南樹里の“映画評マニエラ”

――powered by livedoor News――

    FeedWind
    [重要]移転のお知らせ

    ▼シネママニエラは移転し新しいサイトは以下となります
    約8秒後に自動的に移転します、もし移転しない場合はURLをクリック願います https://www.cinemaniera.com/
    シネママニエラ ▼お手数おかけしますが、RSSの再登録もお願いします
    https://www.cinemaniera.com/feed/

    タグ:新井浩文

    撮影:南樹里[シネママニエラ]映画『春を背負って』の完成報告会見と完成披露舞台あいさつが3月13日、都内で行われ、主演の松山ケンイチ、蒼井優、豊川悦司、檀ふみ、新井浩文、そして木村大作監督が出席した。現場では、蒼井の名「優」の男性読みがマサルということから「マサル」と呼ばれていたことが明かされた。

    【『春を背負って』現場の蒼井優はマサル!松山ケンイチと豊川悦司が真意を明かす】の続きを読む

    第22回東スポ映画大賞で『アウトレイジ ビヨンド』が3冠に[シネママニエラ] 北野武監督作『アウトレイジ ビヨンド』が、第22回東スポ映画大賞にて作品賞・監督賞・男優賞の3部門を総ナメにし、北野監督ら悪人一同が授賞式に登壇した。登壇者は北野武監督、三浦友和、加瀬亮、中野英雄、松重豊、小日向文世、桐谷健太、新井浩文、塩見三省、中尾彬という社会現象を起こした「全員悪人」の面々。各コメントは下記にて。 【第22回東スポ映画大賞『アウトレイジ ビヨンド』3冠(作品賞、監督賞、男優賞)】の続きを読む

    北野武、“全員、主役級”『アウトレイジ ビヨンド』は新時代のバイオレンス映画とPR!9月18日、映画『アウトレイジ ビヨンド』ジャパンプレミアが東京・イイノホールで行われ、北野武監督(ビートたけし)、西田敏行、三浦友和、加瀬亮、中野英雄、松重豊、小日向文世、高橋克典、新井浩文、塩見三省、中尾彬、神山繁という、“全員、主役級。”のキャスト12人が勢揃いし、“全員、悪人。”を演じた同作への思いを口々に語った。 【北野武、全員主役級の『アウトレイジ ビヨンド』は新時代の暴力映画とPR】の続きを読む

    岡田将生、小栗旬に「すごく面白かった」とメール!/映画『宇宙兄弟』完成披露試写会舞台あいさつ小山宙哉の人気コミックを実写化し、大ヒット中の映画『宇宙兄弟』。その完成披露試写会では、小栗旬、岡田将生、堤真一、濱田岳、新井浩文、井上芳雄、塩見三省、森義隆監督による舞台挨拶が行われた。難波六太&日々人兄弟役に扮した小栗と岡田だが、完成作を先に観た岡田は小栗に「すごく面白かった」とメールするほどの会心作とあって、ご一行は終始満面の笑みをみせた。
    【岡田将生、小栗旬に「すごく面白かった」とメール!/映画『宇宙兄弟』完成披露試写会舞台あいさつ】の続きを読む

    北野武監督「痛い描写、ご期待ください!」と初続編に着手/映画『アウトレイジ ビヨンド』記者会見映画『アウトレイジ』の続編にして完結編となる『アウトレイジ ビヨンド』の記者会見が、制作現場近くの千葉県・生命の森リゾートにて行われ、北野武監督をはじめ、西田敏行、三浦友和、加瀬亮、松重豊、小日向文世、高橋克典、桐谷健太、新井浩文の総勢9名が出席し意気込みを述べた。北野監督はキャリア初の続編を手がけることへの抱負や、前作で話題となった独創的な死に様について「ご期待ください」と自信を見せた。

    ――(前列、左より)松重、三浦、北野武監督、西田、小日向、(後列)新井、高橋、加瀬、桐谷/映画『アウトレイジ ビヨンド』記者会見にて――

    【北野武監督「痛い描写、ご期待ください!」と初続編に着手/映画『アウトレイジ ビヨンド』記者会見】の続きを読む

    西島秀俊「違いを認めることがやさしさに繋がる」/映画『セイジー陸の魚ー』初日舞台挨拶2月18日、伊勢谷友介監督が8年ぶりにメガホンを執った映画『セイジ-陸の魚-』が初日を迎え、西島秀俊、新井浩文、伊勢谷監督による舞台挨拶がテアトル新宿にて行われた。西島が「一人一人みんな違うっていうことが大事。その違いを認めることが相手へのやさしさにも繋がると思う」とテーマを語るように、辻内智貴のベストセラー小説を基にし難題を映像化した同作。それゆえか、伊勢谷監督は「毎週土曜日にティーチインを行います。この映画は人それぞれ、いろんな事を考えさせられる映画だと思っています。僕自身映画の解説もしたいですし、疑問に答えられるような場にできたらと思っています」と、鑑賞後の観客に語りかけた。
    【西島秀俊「違いを認めることがやさしさに繋がる」/映画『セイジー陸の魚ー』初日舞台挨拶】の続きを読む

    このページのトップヘ