南樹里の“映画評マニエラ”

――powered by livedoor News――

    FeedWind
    [重要]移転のお知らせ

    ▼シネママニエラは移転し新しいサイトは以下となります
    約8秒後に自動的に移転します、もし移転しない場合はURLをクリック願います https://www.cinemaniera.com/
    シネママニエラ ▼お手数おかけしますが、RSSの再登録もお願いします
    https://www.cinemaniera.com/feed/

    タグ:映画

    周防正行監督、役所×草刈主演の映画『終の信託』で道義を問う刑事裁判のシステムを題材にした映画『それでもボクはやってない』の周防正行監督による、終末医療と尊厳死をテーマにした最新作『終(つい)の信託』が完成し、出演者の役所広司、草刈民代、大沢たかお、細田よしひことともに完成披露会見と舞台あいさつ登壇し、同作への思いを語った。

    【周防正行監督、役所×草刈主演の映画『終の信託』で道義心を問う】の続きを読む

    『もうひとりの息子』は「互いに手を差し伸べることを描いた希望の映画」と語るロレーヌ・レヴィ監督東京サクラグランプリ受賞作『もうひとりの息子』記者会見が10月24日に行われ、ロレーヌ・レヴィ(監督/脚本)、ヴィルジニー・ラコンブ(プロデューサー)、ジュール・シトリュク(俳優)が出席した。

    『もうひとりの息子』あらすじ
    兵役用健康検査の結果、両親の実子でないことを知ったイスラエル人の青年。出生の際の手違いが明らかになり、やがてイスラエルとパレスチナふたつの家庭のアイデンティティと信念とが大きく揺さぶられる事態に発展する。 【『もうひとりの息子』は「互いに手を差し伸べることを描いた希望の映画」】の続きを読む

    石原慎太郎『青木ヶ原』舞台挨拶で、映画監督への転身計画を明かす第25回東京国際映画祭の特別招待作品『青木ヶ原』の舞台挨拶がTOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われ、原作/企画の石原慎太郎、新城卓監督、出演者の勝野洋、矢柴俊博が登壇した。

    本作の原作と企画を手がけた石原が、東京都知事の辞任を発表した翌日だけに、より多くの報道陣が集まるなか、石原は映画のピーアールはもちろんのこと、「知事やめてさっさと映画監督やるつもりだったんですけど、ちょっとまた道を間違って」と前置きし、国政進出のあとに「90過ぎで映画を撮る」という映画監督への転身計画を明かした。

    【石原慎太郎『青木ヶ原』舞台挨拶で、映画監督への転身計画を明かす】の続きを読む

    松江哲明監督『フラッシュバックメモリーズ 3D』記者会見で「今をちゃんと見ることの強さ」を主張第25回東京国際映画祭コンペ部門『フラッシュバックメモリーズ 3D』の記者会見が六本木ヒルズのムービーカフェで行われ、同作主演のディジュリドゥアーティストのGOMA、松江哲明監督、高根順次プロデューサーが質疑に応じた。

    松江監督は「最初の上映会でGOMA さんに初めて完成品を見ていただき、2 回目の上映でいつも僕の映画を見てくださっている映画批評家のみなさんから感想を聞き、そして今回の上映が終わり、この東京国際映画祭で作品が完成したという気持ちです」と挨拶した。

    【松江哲明監督『フラッシュバックメモリーズ 3D』記者会見で「今をちゃんと見ることの強さ」を主張】の続きを読む

    ジョセフ・ゴードン=レヴィットがブルース・ウィリスを狙う映画『LOOPER/ルーパー』日本版予告編!映画『LOOPER/ルーパー』日本版予告編が解禁となり、同作のストーリー設定が明らかになった。

    近未来。通称:ルーパーの任務は、30年後からタイムループしてきた標的を消すことだった。凄腕ルーパーのジョー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)の元に、送られてきた男は30年後の自分(ブルース・ウィリス)。かくして現代の自分は、未来の自分と対峙する。今回の日本版予告編では、なぜ彼らが戦うハメになったのか?という本作のストーリー設定が分かるようになっている。 【ジョセフ・ゴードン=レヴィットがブルース・ウィリスを狙う映画『LOOPER/ルーパー』日本版予告編!】の続きを読む

    【華流】ニコラス・ツェー×ジェイ・チョウ『ブラッド ウェポン(原題:逆戦)』日本公開決定映画『密告・者』のダンテ・ラム監督が、香港のトップスターであるニコラス・ツェーと台湾のポップスターであるジェイ・チョウを配役した映画『ブラッド・ウェポン』の日本公開が2012年12月22日に決定した。 【【華流】ニコラス・ツェー×ジェイ・チョウ『ブラッド・ウェポン(原題:逆戦)』日本公開決定】の続きを読む

    映画『聖☆おにいさん』森山未來と星野源が聖人ボイスに挑む!注目を集めるコミック「聖☆おにいさん」のアニメ映画化メインキャラクター声優が、森山未來と星野源に決定した。

    イエス役の声は、映画・舞台に大活躍の俳優・森山未來。ブッダ役の声には、俳優・音楽家としても活躍中の星野源。聖人ボイスのアフレコを披露したふたりが、コメントを寄せた。

    【森山未來と星野源が映画『聖☆おにいさん』聖人ボイスに挑む!】の続きを読む

    “日本で最も輝く25歳”女性って誰? 映画『TIME/タイム』吹替え声優を当てろキャンペーン開始2012年上半期最注目の映画『TIME/タイム』は、25歳で全ての人間の成長がストップし、“余命の時間”が通貨の代わりとなる設定のノンストップ・アクション・サスペンス大作。

    同作で、ヒロインのシルビア(演じたのはアマンダ・セイフライド)の吹替版声優に、“日本で最も輝く25歳”と言える、超人気女性タレントを抜擢した。その吹替版声優の発表を前に、「吹替え声優は誰だ?」キャンペーンが公式サイトでスタートした。

    “日本で最も輝く25歳”女性って誰?を解くヒントは下記3点。

    1.現在25歳
    2.国民的な人気を誇る女性
    3.強く握ったコブシで念願のNo.1を獲得

    【“日本で最も輝く25歳”女性って誰? 映画『TIME/タイム』吹替え声優を当てろキャンペーン開始】の続きを読む

    福山雅治と(特別ゲストの)ドラえもん、のび太、しずかちゃん。写真提供:東宝11月20日、歌手・福山雅治の「FUKUYAMA MASAHARU WE’RE BROS. 2011 THE LIVE BANG!!」最終公演が、さいたまスーパーアリーナで行われ、『映画ドラえもん のび太と奇跡の島~アニマルアドベンチャー~』(2012年3月3日公開予定)の主題歌を担当することが、福山当人の口から発表された。2011年公開の『映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 ~はばたけ 天使たち~』では、福山が“福山雅秋”として、映画にカメオ出演して話題になったことも記憶に新しいだけに、更なるコラボレーションが実現した。

    国民的キャラクターのドラえもんは、西暦2112年9月3日(未来)に誕生。つまり2012年は、“ドラえもんの生誕100年前”にあたる。そのため誰からも愛され、未来永劫、子どもたちに夢を与え続けられるように、オリジナルストーリーの映画を2012年に公開するという。

    【福山雅治、ドラえもん“生誕100年前記念”映画の主題歌を担当!】の続きを読む

    ブラピとアンジーがレッドカーペットに登場!ほか3点、撮影:南樹里11月9日、映画『マネーボール』のジャパンプレミアが東京国際フォーラムにて行われ、主演のブラッド・ピットが、パートナーのアンジェリーナ・ジョリーと共にレッドカーペットに登場し、2ショットでマスコミ向けのフォトセッションに応じた。ベルサーチの赤いセクシードレス姿のアンジェリーナは、熱視線を浴びていた。

    【ブラッド・ピット、野球少年に日本語で「ドモアリガト」/映画『マネーボール』ジャパンプレミア】の続きを読む

    このページのトップヘ