クリスティーナ・アギレラは、自身の誕生日に公開する映画を日本でプロモーション中ハリー・ポッターから首位を奪ったのは、ディズニーのプリンセスでした。また、歌姫クリスティーナ・アギレラの初主演作『バーレスク』もランクアップ。
今週初登場でランキング入りを果たしたのは、韓流四天王、チャン・ドンゴンのハリウッド進出のみ。なお、圏外には、『ブラック・スワン』、『英国王のスピーチ』といった本年の賞レース参戦が確実視された作品、日本では既に公開された『フィリップ、きみを愛してる』などがあります。

【『塔の上のラプンツェル』が首位奪還!【予告編付き12月5日全米トップ10】】の続きを読む